更新日: 2021年11月06日

【映画 アイの歌声を聴かせて(ねたばれ含)】登場人物,あらすじ,重要設定&アイテム,『百合か?』なども徹底確認

(*・ω・*)o
おつかれー。先日公開された映画『アイの歌声を聴かせて』についてだけど、tohoシネマズに行って見てみたよ。ネット評価はわりと高め・客層は男性客&若いカップル多めって感じ。『ミュージカル×SF×青春群像劇』なんて、ずいぶん攻めたジャンルできたって思ったね~。


(〃゚3゚〃)
まあ、俺的にも『また美少女ロボットかよ』って思ったが(笑)、内容は萌えやエロより正統派って感じで好印象だな。
とはいえ、『配給が松竹(アニメ弱い)』『同時期公開のソードアート・オンライン -プログレッシブに、アニメファンの話題を持っていかれた』っつーのはありそうだな。また、ミュージカル要素が強いってことで、ある程度の耐性は必要って感じか。


(*・ω・*)o
えー、『ソードアートオンライン』も、劇場版でむっちゃミュージカルっぽい展開やってたじゃん(笑)
ってことで、今回は映画 『アイの歌声を聴かせて』について、『登場人物,あらすじ,重要設定&アイテム,『百合か?』』などのポイントを確認していくよ!


(〃゚3゚〃)
最後の一個は余計だが(笑)、一部ユーザーの検索行動のせいで、googleアルゴリズムが対応しきれてない感じはするしな。


(*・ω・*)o
映画の内容につながるかもな、テクノロジー的ツッコミだね(笑)


この記事の目次

映画・アイの歌声を聴かせて 予告編/データ

■スタッフ
監督:吉浦康裕
脚本:吉浦康裕/大河内一楼
原作:吉浦康裕
キャラクター原案:紀伊カンナ
キャラクターデザイン・総作画監督:島村秀一
メガデザイン:明貴美加
プロップデザイン:吉垣誠、伊東葉子
色彩設定:店橋真弓
美術監督:金子雄司
撮影監督:大河内喜夫
音響監督:岩浪美和
音楽:高橋諒
撮影:大河内喜夫
制作会社:J.C.STAFF
配給:松竹

■キャスト
土屋太鳳
福原遥
工藤阿須加
興津和幸
小松未可子
日野聡
大原さやか
浜田賢二
津田健次郎
咲妃みゆ
カズレーザー

映画『アイの歌声を聴かせて』の登場人物は?

ポンコツなのは公式アナウンスだけ AI搭載ロボ少女シオン(CV:土屋太鳳)

(*・ω・*)o
サトミの学校に転校してくる子。実は、作中企業『星間エレクトロニクス』のテストプロジェクト。予告の段階で出したり、メインメンバーへのメカバレは早いなど、隠す気はない様子。公式サイトでは『ポンコツAI』ってアナウンスだったけど、普通に考えたらとんでもない化け物スペックのメカだと思うんだけど。


(〃゚3゚〃)
『星間エレクトロニクス』が、セキュリティが割とザル(笑)というのがあるな。確認できたところだと『会話や動き(ダンスや格闘含む)』のほか、『IoT機器などネットワーク上のデバイス操作』『データベース・ファイルを状況に応じて書き換える』『ログ改竄』などが見受けられるな。極めつけは『人間の感情を読み取って、歌を生成』だろうか。


(*・ω・*)o
そうともとれる描写あったね。2021年の段階では、まだまだ未来の技術って感じだね。


ぼっちには理由あり・作品雰囲気ミュージカル化の要因も 天野サトミ(CV:福原遥)

(*・ω・*)o
学校内では『告げ口姫』とよばれて、ぼっち化。とはいえ、『電子工作部の部室での喫煙を告発』など、コンプライアンス的には正しい印象。母親が仕事で忙殺されているので、家事などは全部担当。幼少期描写があり、劇中アニメ「ムーンプリンセス」が好きみたいなところも。


(〃゚3゚〃)
『シオンが歌い出す』みたいなミュージカル要素は、実はこいつに影響されていると考えられそうだ。つーか、行動理由はコンプライアンスじゃねーだろ(笑)


(*・ω・*)o
それあるね!タイトルの『アイの~』に、ダブルミーニング持たせられなくなるからね。


幼少期から超開発スキル・素崎トウマ(CV:工藤阿須加)

(*・ω・*)o
サトミとは、幼少期から付き合いがある様子。部活は電子工作部で、将来は『星間エレクトロニクスに入りたい』みたいな希望も。プログラミングやコンピューター関連の技術力は極めて高く、英語で言うなら『ナード(Nerd)』っていうより『ギーク(geek)』って感じ。



(〃゚3゚〃)
普通の作品ならモブキャラになるところだが、本作では『物語の起点になる、超重要キャラ』という位置づけだな。


全部80点のオールラウンダー・ごっちゃん(CV:興津和幸)

(*・ω・*)o
本名は『後藤定行』で、苗字をもじってごっちゃん。主要キャラのアヤとは交際してるけど、ギクシャクしている様子も。
トウマを『プログラミングなどが凄い・将来やりたいことがあるのは羨ましい』などと認めていて、『モテて勉強もできるけど全部80点で、1位になることはない』みたいなのが悩み。


(〃゚3゚〃)
『万年2位・準優勝みたいな劣等意識』は感じたかな。物語的には彼とアヤの問題を解決するところから、話が一気に動くぞ。


ツンツンギャル・実は一途 佐藤アヤ(CV:小松未可子)

(*・ω・*)o
ごっちゃん彼女、とはいえ、彼が他の女子にも人気があり、そういうのを見て嫉妬してしまう様子も。初期状態では、特にサトミと仲が悪い感じだけど、問題解決後は、友達グループみたいな感じになってて、作中のミッションにも協力体制に


(〃゚3゚〃)
ミュージカル要素がある日本の劇場アニメーション映画だと、ここさけで『田崎と仁藤を足して2で割った』という感じか?(笑)


(*・ω・*)o
あー、なんとなくわかるかも。


必然的に一人余る(笑)サンダー(CV:日野聡)

(*・ω・*)o
本名は杉山鉱一郎で、あだ名がサンダーね。柔道部で、本番の試合で勝ててないといった悩みが。ロボット相手に柔道の練習をするシーンも。他の2組がカップルっぽくなるので・・・


(〃゚3゚〃)
必然的に一人余るよな(笑)なお、本作はロボット相手の恋みたいなところまでは踏み込んでいないようだ。


サトミ母 星間エレクトロニクス研究者・天野美津子(CV:大原さやか)

(*・ω・*)o
星間エレクトロニクス研究者で、プロジェクト責任者。シオンを学校でのテストに送り込んだのはこの人。一部で『AIの規制法に触れるかも』みたいなフレーズも出ていたね~。


(〃゚3゚〃)
違法行為すれすれのIT企業とか、普通にあるだろ(笑)本作では、大人メンバーのツッコミ所が難点か。


星間エレクトロニクス 西城支社長(CV:津田健次郎)

(*・ω・*)o
星間エレクトロニクスには社内で派閥があって、サトミ母のシオンプロジェクトチームに対しては反対の立場。ヴィラン枠っぽい扱いだね~。


(〃゚3゚〃)
人によっては、『予期せぬ動作をするAIにストップかける役目』に見えるかもしれん。難しい立場だ。あれだけの機器を勝手に動かされたら、たまったもんじゃないな(笑)


映画『アイの歌声を聴かせて』で、押さえておきたいポイントは?

百合展開はある?→基本的にはありませんが、人によりそう見える程度

(*・ω・*)o
公開前にタイトル検索して気になってたんだけど、『アイの歌声を聴かせて 百合』みたいな予測キーワードが出てくる件(笑)
あれ、なんなんだろうね。


(〃゚3゚〃)
このサイトのサーバー引っ越しを手伝ってくれた友人(開発者)に聞いたところ、『予告編の特定シーンや公式の事前情報で、一部のユーザーが話題に→検索時に百合キーワードを使う人が増えた→おすすめに表示』という流れのようだな、例えばこういうシーンとかだ。


(*・ω・*)o
こういうシーン多かったね。結果としては、『百合というほどではない』って感じかな。


(〃゚3゚〃)
『人によってはそう感じる可能性もある』という程度に押さえておくといいな。とはいえ、ユーザー検索行動につられやすいgoogleがアルゴリズムが、正しく内容を判定できるようになるには、まだ時間がかかりそうだ。


作中登場企業『星間エレクトロニクス』と、提携都市の景部市

(*・ω・*)o
星間エレクトロニクス』ってのが、作中に出てくる『シオンを開発した企業』ね。 AI家電や太陽光発電など、手びろくやってる感じ。結構大きい自社ビルかな?


(〃゚3゚〃)
のどかな田舎の風景に、太陽光パネルやデカいビルといった見た目だな。リアル世界でいうと、上山市の『スカイタワー41』みたいな感じか(笑)


(*・ω・*)o
わたしもそれ思った(笑)
で、『星間エレクトロニクス』と提携している作中舞台の街が、景部市というらしいよ。おしゃべりデジタルサイネージとか、自動運転バスとか、AI家電みたいなのがいたるところに。2021年の感覚だと、『ありそう』といった印象。住みたい?


(〃゚3゚〃)
いやー、ちょっと息が詰まりそうなんで(笑)、遠慮しときたいわ。


作中作のディズニーちっくなミュージカルアニメ『ムーンプリンセス』

(*・ω・*)o
おそらく、作品がミュージカル化してしまった要素はこれ。サトミが幼いころから好きな作品で、高校生になってもこのキャラの目覚まし使っているみたい。内容的には一昔前のディズニーがやりそうな感じ(笑)


(〃゚3゚〃)
歌えるAIが、こういった趣味嗜好を学習しちゃったら、そりゃあんなふうになるわ(笑)
これにより行動が影響されたという感じもあるな。


(*・ω・*)o
だね。ちなみに本作では作中作もガッツリ凝っていて、なんと主題歌もあるよ。それでは聴いてみましょう。『フィール ザ ムーンライト ~愛の歌声を聴かせて~』。



(〃゚3゚〃)
作中作の主題歌でタイトル回収しやがった、すげーな。


シオンの遠隔AI機器操作機能

(*・ω・*)o
作中では『ログやデータベースの書き換え』も行っているとされるシオンだけど、派手な演出上、重要っぽいのはこれかな!例えば、サトミが音楽室に『あんたなにやってんの』って、シオンを音楽室に連れていくシーン。ここで、自動伴奏ピアノが、タイミングを見計らったように鳴るんだよね。


(〃゚3゚〃)
遠隔AI機器操作とか、そういう仕掛けだったか~。この機能のおかげで、ヤマ場シーンでは、照明・パネル・作業ロボなどに働きかけて、派手な演出にしてたと考えられそうだな。


(*・ω・*)o
ここでも作中作から、学習していたね。


たまごっちみたいな電子玩具

(*・ω・*)o
コミック版で画像が確認できたよ。サトミ母親が作成して、小学生のときからコンピュータマニアだった、トウマがカスタマイズした、ってやつね。
カスタマイズ後に一回取り上げられるとかもあったかな。作中の重要アイテムだね。


(〃゚3゚〃)
まさかこれを回収とは恐れ入った。ねたばれ込みで言うと『プロトタイプ』なんだが、物語は10年前から始まっていた、みたいな感動が味わえそうだな!


映画『アイの歌声を聴かせて』のあらすじは?(簡潔に)

オープニング~ミッション1:ごっちゃん&アヤの仲直りをお手伝い

(*・ω・*)o
それでは、すでに5000字近く使っているので(笑)、サックリめにあらすじを確認しましょうか。
まずは、作中の舞台の街のほか、ネットワーク上を駆け巡っている感じの映像。なお、このサイバー空間は、SAOやグリッドマンに比べると、かなりディズニーランド的かな!


(〃゚3゚〃)
むっちゃ雰囲気だけで作った映像に見えるが、最後まで見ていくと、ネットワーク上を駆け巡っていたものの正体がわかって面白いかもな。


(*・ω・*)o
あれ、そういう意味だったんだ!
そして、サトミの朝ルーティン(食事準備&学校へ向かう)の様子。ここで、リアル世界でいうとAlexaに話しかける感じで、サトミが母親のスケジュールを確認すると、会社の機密情報(シオンのプロジェクト)が表示されてしまうよ。これで、『バレたらヤバい』って思う感じかな。
この日は、そのシオンが転校生として登場。サトミを知っている様子で、いきなり歌ったり、『幸せ?』とか聞いてくるよ。


(〃゚3゚〃)
本人&関係者以外に機密情報出してしまうとか、セキュリティがザル過ぎるだろが(笑)
なお、最初からサトミの幸福を行動原理としているようだが、そのようにプログラム組んだ奴がいるということだ。


(*・ω・*)o
で、音楽室に呼び出して、『何やってるの』みたいな話をしているところに、全員集合。アヤのシュシュを借りて、踊って歌いながら校庭に出ていくシオン。サトミがモバイル端末で緊急停止を押したため、停止&腹部の入力装置が露出してしまい開始10~15分であっさりメカバレ(笑)


(〃゚3゚〃)
メカバレが早すぎるな(笑)
なお、ここで『サンダーはトウマに、柔道の組手ロボのメンテを依頼したくて追いかけた→トウマが校内防犯カメラ画像の改ざんに気づいた(特定人物が映っていない)ので来た』みたいなのがあるようだな。


(*・ω・*)o
トウマって、少年ジャンプとかだと目立たなそうなのに、むっちゃ大活躍してるよね。
ここで改ざんに気づくとか、この後も『シオン再起動&AIが認識しやすい言葉を選んで指示』とかさ。


(〃゚3゚〃)
まあ、星間エレクトロニクスのシステムがザルってのもあるけど、幼少期からそういうのをやってるからな!


(*・ω・*)o
幼少期エピソードなんて、優遇されてるね(笑)
この後は、予告編で言う『ミッション1』に。女子生徒との会話で、『ごっちゃんは王子(モテるから?)』という判定をしたシオンは、ごっちゃんに抱きついてキスしようとするみたいなアプローチ。これが他の生徒の間で噂になってしまい、アヤがサトミに『あんたが仕組んだんでしょ』みたいな感じの険悪ムードに。
なお、アヤが『ずっとごっちゃんだけ見てたのに』というので、サトミは『言わなきゃ後悔する』と、おぜん立てしますね。


(〃゚3゚〃)
シオンのキス顔って需要あんの?ロボだぞ(笑)
ここら辺は、『頭おかしい・唐突』に見えそうだが、作中作のミュージカルアニメ映画の内容をAIが拾ったと考えると、そんなに違和感はないな。サトミについても、『自分もトウマと、昔みたいに話せてない』というのを気にしているようだぞ。


(*・ω・*)o
そして、サトミに連れられて屋上に行ったアヤは、ごっちゃんと対面。にわか雨が降っており、ごっちゃんは『俺外に出るわ』と去ろうとするけど、ここでシオンが歌い出すよ。生成した楽曲が、2人の内面に関わるものだったからか、歌の後、お互い素直になって雰囲気が良くなる展開に


(〃゚3゚〃)
ストーリー上作られたって言ってしまえばそれまでなんだが、感情を読み取って歌を生成したような印象もあるのぅ。ハイスペック過ぎるだろ。


(*・ω・*)o
まあそんな感じで、アヤ&ごっちゃんは良い雰囲気になりましたが、『ぎくしゃくしている幼馴染』という扱いだった、サトミ&トウマについても、会話のタネになってコミュニケーションが良好になっている様子。会話内容は『カメラのセキュリティログを解析したら、画像が差し替えられている。昨日歌ったり止まったりした状況は、星間には知られていない』みたいな話をされて、サトミも安心したようだね~。


(〃゚3゚〃)
つーか、高校生のハッキングやAIからの改ざんを受ける、星間セキュリティのザルさよ(笑)


ミッション2:サンダーとの、柔道をめぐるエピソード

(*・ω・*)o
ミッション2ね。ミッション1は『サトミの幸せには王子さまが必要?』という形で行動を開始していたけど、今度は『ピンチが必要』みたいな形で。
ターゲットはサンダー。彼は『練習は真面目にやるけど、本番に弱く、柔道の試合で勝てていない』という、他の2組とは違う質の悩みがあったねぇ。


(〃゚3゚〃)
他の2組は恋愛・人間関係絡みだったからな。必然的に余りやすい状況が涙をさそうな(笑)


(*・ω・*)o
かわいそうなこと言わない(笑)
で、『ヒロイン(サトミ)の幸せにはピンチが必要』ということで、サンダーの組手用ロボットを操作してしまったので、学校が大騒ぎに。ここではトウマが『シオンさん具合悪いそうなんで~』と緊急停止→再起動で逃げました。


(〃゚3゚〃)
まあこれは柔道ロボだからこの程度で済んでいるが、『作業用・フォークリフト・自動車』とかだったらすげー怖いよな(笑)


(*・ω・*)o
確かに!
そして試合の日。サンダーは組手用ロボが故障しているので、ウォーミングアップができません。そこで、そのロボの設定を引き継いで、シオンがウォーミングアップの相手に。柔道のシーンなのに、まるでダンスしているような華やかさ。BGMもそんな感じ。
この効果か、サンダーも初勝利で、『おお、勝った』って顔をしているメンバー。


(〃゚3゚〃)
なんか、La La Landでいうと『Herman’s Habit』みたいな、ファンキーな曲がかかってたな。
そのほか、このシーンでシオンのまなざしがちょっとエッチとかで、話題になっているとかいないとか(笑)


(*・ω・*)o
ポイント、そこかよ(笑)
で、サトミがなんでこんな格好しているかというと、『武道会→舞踏会みたいなシャレ、または誤判定』だからかな!


(〃゚3゚〃)
お前は恥ずかしいのに着たのかよ(笑)まあ、ディズニーっぽいミュージカル映画に影響されすぎてしまったようだな。


(*・ω・*)o
ちなみに、この柔道のシーンでかかる曲『Lead Your Partner』が、youtubeにアップされてるようだね~。



(〃゚3゚〃)
『Provided to YouTube by NexTone Inc』ってことは、著作権管理会社を通した公式配信っぽいな。ボーカルは土屋太鳳だが、ちょっとトーンを変えて色っぽい感じに歌っているようだぞ。


ミッション3:サトミ×トウマをミュージカル的にお膳立て→星間支社長にバレて、シオン回収へ

(*・ω・*)o
で、サンダーの初勝利を祝って、なんかしようという流れになったんだけど、シオンは『放課後はラボに戻る』ので、夕方は外に出れないんだって。
それで、『サトミ母が仕事に出ている間、家でパーティ』に。カラオケや食事、トランプなど楽しんだようだよ。


(〃゚3゚〃)
サトミは校内での扱いが悪くてぼっち化していたが、ここら辺になるとまわりも仲間・友達みたいな感じになってきているな。


(*・ω・*)o
だよね~。
で、『サトミ母が早めに帰ってきてしまう』という件は(バレるとまずい)、『シオンを外に脱出(あとでバス停で落ち合う)』という指令を出すことにより対処。


(〃゚3゚〃)
サンダーの『すいません、上の部屋にいるのは、サトミさんの彼氏です』は逆効果だったな(笑)


(*・ω・*)o
仕事ばっかなのに、娘の恋愛事情は気になるんだね~(笑)
そして夜、『サトミの幸せは?』ってのを行動原理にして動いていたシオンだけど、次はトウマをロックオン。太陽光パネルがいっぱいある区画にサトミを呼び出し、ミュージックスタート!


(〃゚3゚〃)
まあ、トウマ・サトミ間も、『幼少期にカスタマイズしたAI玩具を、かーちゃんに取られた』等の件で、ぎくしゃくしている感じはあったからな。


(*・ω・*)o
そして、太陽光パネルを操作して月や星の光を映しつつ、照明を操作して花火のように。作中屈指のド派手シーン。
シオンがステージのごとく歌い上げる中、サトミと対面するトウマ。ここまでお膳だてされたら、『いっちゃえー』って感じ。


(〃゚3゚〃)
太陽光パネルは序盤から出ていたが、月を映すのに使うとは恐れ入った。作中作にあるとおり、『ムーンプリンセス』を意識したようだな!


(*・ω・*)o
しかし、めっちゃいいところで邪魔しに来る、星間エレクトロニクス支社長。
戻っていないのがバレており、想定外の動きをしたとのことで撃たれて機能停止・回収へ。このあと、お母さんは『仕事が駄目になった』と酒のんで愚痴ります。


(〃゚3゚〃)
いやー、既定の時間に戻ってきていないなら、普通に捜索されるよな。


救出作戦へ・シオンの起源となるプログラムの存在とは?(ねたばれその1)

*ねたばれ含みます

(*・ω・*)o
ここら辺は、作中の重要項目が出てくるので、未視聴の方はご注意ください。
で、夜中に先ほどの場所で一人でたたずんでるサトミを、トウマが迎えに来ます。『自分のせいでみんな不幸になった(サンダーたちも取り調べなど)、ひとりぼっちにしてほしい』というサトミに、トウマは『ぼくたちは、過去に1度シオンに会っている』と話すよ。


(〃゚3゚〃)
ここら辺は、少しややこしいが、日本の作品だと『メイアビのボンドルド・ゾアホリック』や『楽園追放のフロンティアセッター』あたりを押さえておくと、すっと入りやすいかもな。


(*・ω・*)o
ラストはフロンティアセッター思い出したけどね(笑)
で、『一度会っている』の根拠になるのがこのサーバー

ここにシオンがバックアップを保存しており、解析すると『幼少期にトウマがたまごっち型玩具をカスタマイズしたシーンや、サトミがムーンプリンセスを見て歌っているシーン』などが出てきて、シオンの起源となるプログラムは、トウマが玩具カスタマイズしたときのものと確定。


(〃゚3゚〃)
一見ゴミ箱に見えるが、実はサーバー・ハードディスク的なものだったか。なお、『サトミの幸せ~』と考えながら作ったのはトウマってことで、行動原理も彼によって作られたと読み取れそうだな。

そのほか、前フリとして、バックアップの件も、写真のシーンで出てきているぞ。


(*・ω・*)o
『人間が写真を撮るのは、バックアップみたいなもの』ってセリフもあったよね。

そんな感じで、一行は(シオンが処分になる可能性もあるので)救出へ。サトミ母も『シオンは周りの人を幸せにした。あいつらに一泡吹かせたい』ってことで、協力してくれることに。なお、サンダーは一人先走っていたけど、たぶん『愛』だよね(笑)


(〃゚3゚〃)
ロボットAI美少女を愛してしまうなんて、一番未来に生きてるじゃねーか(笑)


映画 アイの歌声を聴かせての結末は?(ねたばれその2)

*ねたばれ含みます

(*・ω・*)o
では結末を見ていきましょう。
サトミ母がセキュリティ解除(内部の人間です)など協力してくれて、一行は星間エレクトロニクス内でシオンと対面。呼びかけて起動させ、一緒に脱出。とはいっても、ボディの持ち出しができないので、人格やデータなどを、ネットワーク上に開放するというのが目的かな。

警備員たちは、ごっちゃん&アヤが社内でバイクで逃げて陽動。


(〃゚3゚〃)
まあ、たまごっち型玩具のこともあるから、人格やデータなどが消去されず無事なら、またどこかで再会できるだろうという感じのようだな。


(*・ω・*)o
しかし、他メンバーは支社長に捕まり、シオンもバッテリー電圧が下がって動けなくなっており、ピンチに。撃たれそうなシオンを庇うサトミ。


(〃゚3゚〃)
支社長はかなり悪人面で描かれているが、『自社製品が暴走して死人が出ようものなら首が飛ぶ』ってのもあるから、社会人視点で見ると叩き切れないところもあるな。


(*・ω・*)o
確かにね。
で、このピンチの最中に、シオンが社内のAI電子機器を全部操作して、ミュージカルっぽい状態に。
これで社内は機能不全になり、トウマ・サトミはシオンをつれて屋上に脱出。人格データを解放するためのアンテナへ接続へ。


(〃゚3゚〃)
全部電子デバイスってのが、最後にアダになった感じだな。


(*・ω・*)o
シオンが『幸せ?』と、良くきいてきていたので、最後に『自分は幸せ』って伝えるサトミ。この後、トウマの操作で、シオンのデータはネットワーク上に解放されました。

ラストシーンでは、後日、『屋上でちょっと良い雰囲気になっているサトミ&トウマのところに、シオンからメッセージがくる』というところでした。


(〃゚3゚〃)
ちなみに衛星上からシオンがメッセージを送ったようだが、実はこの衛星序盤から伏線として出ているぞ。
画像が無いのでコミック版参照だが、部室で『資料を持ち出して来て、衛星の話をする』というシーンがあった。


(*・ω・*)o
うお、そこまで回収したんだ!


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【映画ドラえもん のび太の太陽王伝説】敵が弱い(笑)が、古代文明×魔術・入れ替わり生活・女装など、当時の新要素を盛った作品
【映画planetarian~星の人~】キャラデザが昔のギャルゲー的で人を選ぶが、ハードな環境や泣かせ要素が特徴のロボット交流アニメーション
【映画・ぼくらの7日間戦争(2019アニメ版・あらすじねたばれ含)】不法滞在問題・百合・SNS炎上・宮沢りえなど、いろいろ盛り込みすぎた作品
【映画・君と100回目の恋(あらすじねたばれ含)】miwaさんが微妙だが、SF要素でスイーツ感控えめ・時間跳躍などのポイントも詳しく解説
【映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)】恋愛頭脳戦みたいな感じは弱め(笑)、ポンコツ不器用たちのラブコメムービー