更新日: 2021年10月29日

【映画ドラえもん のび太の太陽王伝説】敵が弱い(笑)が、古代文明×魔術・入れ替わり生活・女装など、当時の新要素を盛った作品

【映画ドラえもん のび太の太陽王伝説】敵が弱い(笑)が、古代文明×魔術・入れ替わり生活・女装など、当時の新要素を盛った作品

(*・ω・*)o
おつかれー。当サイトでもちょくちょく取り上げている劇場版ドラえもんだけど、こないだ『ドラえもん のび太の太陽王伝説』を見てみたよ。結構、いろいろな要素がもりもりだったね~。


(〃゚3゚〃)
敵キャラが未来のハイテク兵器とかじゃなく『魔術』とか、古代文明モチーフの舞台・入れ替わりなど、ドラえもんにはあまり見ない要素が多いな。面白いことは面白いが、『敵が弱い・エンディングにもっと尺を取れ』みたいな難点もあるがな。


(*・ω・*)o
たしかに(笑)そういうわけで、今回は『映画ドラえもん のび太の太陽王伝説』を見ていこうか。


(〃゚3゚〃)
おう、補足できそうな情報があったら、こちらからも付け加えていくぞ。


この記事の目次

映画・ドラえもん のび太の太陽王伝説 予告編/データ

■スタッフ
監督:芝山努
脚本:岸間信明
原作:藤子・F・不二雄
音楽:堀井勝美
主題歌:/由紀さおり・安田祥子(この星のどこかで)
編集:岡安肇
制作会社:シンエイ動画
製作会社:シンエイ動画/テレビ朝日/小学館
配給:東宝

■キャスト
大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
たてかべ和也
肝付兼太
千々松幸子
田中亮一
佐久間レイ
緒方恵美
飯塚雅弓
杉山佳寿子
中田浩二
唐沢潤

映画・ドラえもん のび太の太陽王伝説<の登場人物は?

全員にそこそこ見せ場が、レギュラーメンバー

(*・ω・*)o
今作ではドラえもんが完全にサポート・世話焼きになっている一方、それぞれに見せ場が。『のびしず:ティオの心情に変化を』『ジャイアン:弟子入り展開&バトル』『スネ夫くん:ラジコン』みたいな感じ。まあ、アドベンチャー要素はあるけど、バトルはそうでもないね(笑)


(〃゚3゚〃)
まあ、のび太が目立つ感じはあるな。『王子とそっくりで紛らわしいから女装させられる』とか(笑)


のび太そっくりな王子・ティオ(CV:緒方恵美)

(*・ω・*)o
作中に登場する古代国家・マヤナの王子。女王が倒れているので、実質的に指導者です。のび太くんに超似ているけど、性格は全く逆で、ちょっと気難しいところも。一時的に入れ替わって、現代の日本で生活するシーンもあるよ。


(〃゚3゚〃)
序盤はやたら態度が刺々しいが、『先代の王・父親がデキる王だった』的なプレッシャーも読み取れるようだぞ。


入れ替わり生活の起点に?ティオのペット・ポポル(CV:杉山佳寿子)

(*・ω・*)o
ティオ王子のペットで、アドベンチャーパートでは嗅覚などで活躍。時空の乱れから、のび太くんの部屋に迷い込む・0点のテストを持ち去るなどで、のび太くんとティオ王子が入れ替わるきっかけにもなったかな。


(〃゚3゚〃)
のび太にはちょっと懐くような感じもあるな。視覚も判定要素としていそうだ。


実質的にヒロイン クク(CV:飯塚雅弓)

(*・ω・*)o
マヤナ国に住む女の子で、ティオ王子を慕っているよ。ただし彼には適当に扱われている(笑)ので、ちょっと悲しそう。イシュマル先生の娘で、国内での地位はそこそこかな。さらわれたりするなど、一昔前のヒロインって感じ。


(〃゚3゚〃)
余談ではあるが調査したところ、演じている飯塚雅弓は、この作品の10年後、生意気なハリセンボンマスコット枠で、ドラえもんに登場したようだな。
興味がある方は聴き比べてみよう。


ジャイアンの師匠&後半はパーティ参加も イシュマル先生(CV:中田浩二)

(*・ω・*)o
マヤナ国の王宮で、兵士や王子に棒術を教えている方。ジャイアンが弟子入りしてしまうシーンも(笑)
後半では、ドラえもん達のパーティに同行して、一緒に戦闘するよ。


(〃゚3゚〃)
『おっさんがパーティ同行』って、ドラえもんではそんなに多くないよな。


呪いで寝たきり マヤナ女王(CV:鈴木弘子)

(*・ω・*)o
ティオ王子の作中の発言によると、『怪しい魔術で民衆を扇動した神官レディナを追放したところ、仕返しで呪いをかけられた』ということらしいよ。そのおかげで、作中メインパートでは寝たきりに。


(〃゚3゚〃)
うーむ、めんどくさい奴が神官だったと読み取れそうだな。


本作ヴィラン枠 レディナ(CV:唐沢潤)

(*・ω・*)o
マヤナ国の神官長だったけど、追放されて、『魔術により国を乗っ取る』という形で行動。ギガゾンビが23世紀のハイテク兵器を使う一方、こちらは魔術をメインに攻撃してくる形で、ドラえもんには珍しい敵キャラ。


(〃゚3゚〃)
『魔術で喋る人面岩・大量の白ヘビ・実はバアさん』など、本作のホラー要素は、だいたいこの人絡みだな。


割と弱い? レディナ部下ヤフー・ケツァル・コアトル(CV:けーすけ/島田敏/広瀬正志)

(*・ω・*)o
レディナ部下の3人。ヤフーは『動物使い』。ケツァルは『薬使いで、幻覚など』、コアトル『槍使い』といった感じ。全体的に弱いんだけど、1名、やたら微妙な人がいますよね(笑)


(〃゚3゚〃)
『完全に物理専門なのに、身体能力の高い小学5年生を仕留めきれず、叩き落される』って奴がいるな(笑)


映画ドラえもん のび太の太陽王伝説で、押さえておきたい道具や設定は?

ひみつ道具「タイムホールとタイムとりもち」

(*・ω・*)o
映画ドラえもんで良くある、『時空の乱れが発生し、冒険の舞台へ接続』の要因になる道具だね。空間や時間を越えて、とりもちで物を回収できるみたいな効果。作中でジャイアンとのび太くんが、時空間を挟んだ状態で取っ組み合いになり誤動作でマヤナにつながった的な流れ。


(〃゚3゚〃)
まあここら辺のくだりは、劇場版ドラを数作品見ている場合には、特に説明不要だな。


作中の古代国家・マヤナ国

(*・ω・*)o
タイムマシンでは直接いけない感じの古代国家。見た感じ君主制で、ピラミッドなどの建造技術があり、入浴や市場・スポーツなどの文化も。装備品などから、『石器・銅器・ヒスイやターコイズなどの加工技術』もありそうな感じだね。紀元前くらいかな?





(〃゚3゚〃)
アステカ・マヤ文明などをモチーフにした国家っていうのは、ファンの間では言われているな。おそらくは、作中の時系列では滅亡していて発見されなかった・タイムマシンのデータにも無い、みたいな予想はした。
実際の世界でも、紀元前350年~400年あたりから、マヤ文明の都市が発展してたというのもあるぞ。王朝は紀元後とされているが、記録に残っていない古代文明とかロマンだな(笑)


サッカーのようなスポーツ『サカディ』

(*・ω・*)o
ボールをゲートに入れるなど、サッカー的なスポーツが行われていたね。『負けたほうはなんでも要求を聞く(死ね、みたいなのもokか?)』というのもあるので、命がけの対戦に。こういうのも古代からあったのかな?


(〃゚3゚〃)
wikiのサッカー起源を調べると、紀元前800年のマヤ文明で『POK TA POK(ポク・タ・ポク)』という球技が行われていた、という記載があるぞ。おそらくこれをモチーフにしていると予想できるぞ。


映画ドラえもん のび太の太陽王伝説のあらすじは?

ひみつ道具「タイムホールとタイムとりもち」の誤作動で、現代日本とマヤナ国が接続・のび太と王子ティオが入れ替わる描写も

(*・ω・*)o
それでは、あらすじを見ていきましょう。オープニングは、タイトルの『太陽王』を思わせる、日の出の描写。続いて、魔女を追跡・攻撃しているマヤナの兵士たちの様子。魔女レディナは弓矢でダメージを受けるものの、コンドルに変身して脱出。


(〃゚3゚〃)
大人ならあまり気にならないだろうが、冒頭も、小さい子供と一緒に見るには、ちょっと怖いかもしれんな。


(*・ω・*)o
わりとダークな要素多いね、今作!
そして、脱出した魔女レディナの呪いの魔術&やつれるマヤナ女王の様子。


(〃゚3゚〃)
ティオが『母上~!』と、このシーンで叫ぶが、ここでも劇場版ドラえもん的だな。


(*・ω・*)o
『ドラえもーん』って叫ぶのに対応させているのかもね!
一方のレギュラーメンバーの様子。学校行事での演劇の練習は、『パラレル西遊記』でもあったプロットだね。ここでは『白雪姫』をやっているね。王子:ジャイアンで、のび太くん(配役:木)が『手を握るなんて台本に無いだろ』と、イチャモンをつけて休憩になる感じ。


(〃゚3゚〃)
パラレル西遊記のときも、主役にしてもらえなかったな(笑)
とはいえ、『木の役が扱いが悪い』かというと、そんなことはないだろ。


(*・ω・*)o
視聴者的な視点だと、ドラえもんには『キー坊』みたいな目立つキャラもいるからね!
そして、劇の練習に使ったひみつ道具『万能舞台セット』を奪って、自宅でライブステージを再現し、全力で歌うジャイアン。ドラえもん&のび太くんは、『とりかえっこふろしき』で回収しようとするけど、爆音で歌っている状態のジャイアンが出てきて失敗。あの歌を聴かされて、『助けてー』となるところでタイトルコールだけど、今作では、主題歌がむっちゃ豪華だね!


(〃゚3゚〃)
20世紀最後のミレニアム作品ってことで、相当気合が入っているな。実際、主題歌もオーケストラバージョン&ボーカル:ウィーン少年合唱団と、かなり作りこんでいるぞ。


(*・ω・*)o
発音が『ドゥラァイーモン~♪』だったね(笑)
で、回収失敗したので、今度は『タイムホールとタイムトリモチ』を使って、『ジャイアンが寝てる時間帯』を狙うけど、のび太くんがジャイアンを起こしてしまい、また失敗(笑)
ジャイアンに捕まったのび太くんを無理やり回収しようとして、タイムホールが誤作動。ここからピンク色の変な生物『ポポル』が出てきて、のび太くんの0点テストや漫画本を奪っていくよ。


(〃゚3゚〃)
なぜ、のび太に『銃火器・飛び道具』以外のデバイスを使わせてしまうのか(笑)


(*・ω・*)o
物語を転がす要素なのかな!
で、追いかけたドラえもん&のび太くんは、密林の中へ。ここでは冒頭で魔女と戦っていた戦士(ティオ王子)がおり、攻撃をしてくるけど、のび太くんに似ているということもあり、びっくりした様子。


(〃゚3゚〃)
実は、『後程、大陸から渡ってきた祖先だった』みたいな展開でも、面白いのになぁ。


(*・ω・*)o
そういうのは無かったね~。日本誕生も、チンプイと繋がった感じだったし。
そして、『(そっくりすぎて)お前、何者だ。魔術か?』と飛び掛かって、沼に落ちそうになるティオを、のび太くんが助けるけど、支えきれず二人とも落ちて見分けがつかない状態に(笑)
間違えてポポルがのび太くんに絡んでしまい、笑うドラえもんとティオ。


(〃゚3゚〃)
のび太、半ケツ状態にされているじゃねーか(笑)
旧では、ちょこちょこ恥ずかしい目にあわされているな。


(*・ω・*)o
で、ちょっと打ち解けたので、ティオは『どこから来た?』と聞いてくるよ。この時代では時間跳躍の説明が上手くできないドラえもん。2人はホールを通ってのび太くんの部屋に出るけど、肝心ののび太くんは、0点テスト回収中に、王宮の兵士に見つかり、王子として連れていかれるよ(笑)


(〃゚3゚〃)
ポポルが『王子はココだよ』というような仕草をしたようだな。動物のほうが、間違えない気はするんだが(笑)


(*・ω・*)o
感覚は人間以上だと思ったんだけどねぇ・・
そして、『手品のTV番組』を、『魔術か?』といって攻撃したり、冷蔵庫にビックリしているティオ。お腹がすいたらしいので、カップラーメンを大量に食べています。
ドラえもん、めっちゃ疲れているね(笑)


(〃゚3゚〃)
完全に世話焼きキャラになっとるがな。ここは、のぶ代ドラの真骨頂だ。


(*・ω・*)o
一方、のび太くんは王宮で贅沢三昧(笑)ここに、ドラえもんと一緒にティオが戻ってくるよ。ティオは『日本に興味を持った。見分を広めて、魔女を倒す手がかりをつかみたい』と、入れ替わり生活を提案。ドラえもんは、緊急時の対応として、のび太くんにスペアポケットを渡しておくよ。


(〃゚3゚〃)
まあ、彼は理念は、結構立派なんだよな。身分のせいで対人スキルに難があるだけで。


入れ替わりでティオ・のび太両者にトラブル発生・隠し切れなくなり、レギュラーメンバーでマヤナ国に向かう展開も

(*・ω・*)o
で、入れ替わり生活の様子。まずはのび太くん。イシュマル先生に、棒術の稽古に呼ばれるけど、横で王子を応援していた女の子(クク)に見とれている隙に、一撃で倒されたよ(笑)


(〃゚3゚〃)
アホすぎるだろ(笑)


(*・ω・*)o
一方のティオは、それ以上のトラブルメーカーぶりを発揮。
例としては『劇で使う本を借りてきたしずかちゃんを、「この本は役に立たない」と追い返す』『車に轢かれそうになり、ドラえもんに助けられる(空に退避)』『空中でびっくりして、のび太くんの担任の先生の庭に落ちる』などかな(笑)


(〃゚3゚〃)
環境の違いもあるが、のび太の方が適応力が高いんじゃねーか?(笑)


(*・ω・*)o
そんな気はするね!
のび太くんは、あやとりで、マヤナの子供たちやククと交流。また、ククは(ペンダントを研磨して渡すときに)『そんなに喜んでもらえるのは初めて』って言ってたね。まあ、バレないとは思うけど。


(〃゚3゚〃)
『君の名は。』などを見ている日本人だったら、サクッと気づいてしまいそうだが、当時のマヤナは、そこまでコンテンツ産業は発展していないだろうな。


(*・ω・*)o
古代文明で残っているコンテンツって少ないね!『ギルガメシュ叙事詩』とか、『聖書・神話』くらいか。旧約聖書・新約聖書をコンテンツって言ったら、キリスト教徒に怒られそうだけどね(笑)
あと、マヤナには『生贄』という文化もあって、『雨が降らないという問題を、生贄を捧げて祈る』というソリューションが提示されていたよ。のび太くんが『生贄はダメ』って言って、ドラえもんの道具(スペアポケット使用)で、雨を降らせたおかげで、生贄の女性の方は命拾い。


(〃゚3゚〃)
のび太は、TV版では自分の欲求のために道具を使うことが多いが、劇場版補正とはいえ、こういう面ではヒーロー適正が高い気がするな!


(*・ω・*)o
連載開始時は『ダメキャラ』っぽかったけど、時代が進むにつれて評価されている感じはあるよね!
そして、ちょっと面白い、のびママとティオのやり取り。庭の草取りを手伝わされ、『私は王子だぞ』に対し、のびママの『あんたが王子なら、わたしは女王よ』。
しかし、終わった後ドリンクをもらい、『母上(自分の母親を思い出した?)』と呼ぶようなシーンも。


(〃゚3゚〃)
明らかに事情が異なっているにもかかわらず、今回ものびママは平常運転だったな(笑)


(*・ω・*)o
この人、わりと動じないよね。
で、本作の敵キャラ・レディナ陣営で(先ほど、のび太くんがひみつ道具で雨を降らせた件を見て)『いつの間に魔術を?』と警戒する様子も。
その後、夜は入れ替わりを解除するけど、『それだけか?下がってよい。』みたいに、ティオが適当に扱うので、悲しそうなクク


(〃゚3゚〃)
優しいティオさ、あれ、のび太なんだよな(笑)
ねたばれになるが、『コミック版では、エンディング付近で気づく』という描写があるぞ。


(*・ω・*)o
それ、映画に入れてないよね?
夜の様子。ティオは棒術訓練にマヤナの子(カカオ&モカ)を参加させるよ。この二人が陰で、『たまに負けておけばご機嫌取りになる・あれで強い王になれるのか?』と文句を言っているのを聞き、母親の部屋で教えを乞うようなシーンも。


(〃゚3゚〃)
戦闘テクニックやパワー・権力・知識を重視しているが、それが裏目に出ているような印象だな。


(*・ω・*)o
リーダーには人格も大事だからね~。
翌日、入れ替わり二日目は、ジャイアンに遭遇してしまうというトラブル発生。


(〃゚3゚〃)
ドラえもんの有名なセリフで『実にまずい』というのはあったが、ここでは『最悪にまずい』だったな(笑)


(*・ω・*)o
ドラえもんがこの二人を会わせたくなかった理由はコレね。『上等だ、来い!(ティオ)』と、ガチで殴り合いの喧嘩発生(笑)
体格差を考慮すれば、この人結構強いかも。


(〃゚3゚〃)
ジャイアンにボディブロー食らった後に、アッパーでぶっ飛ばしてるやん(笑)


(*・ω・*)o
で、ここに、しずかちゃんが乱入。『そんなのび太さん、大嫌い』って言われて、何も言い返せないティオ。
これ以上ごまかせなくなったドラえもんは、『実はのび太くんではない』とネタばらし。肝心ののび太くんは、棒術の訓練でボコボコにされていました(笑)


(〃゚3゚〃)
なんてことないシーンだが、後半のティオの心理に影響を及ぼしていると考えられるぞ。


(*・ω・*)o
だろうね~♪
そして、『王子さまか、強いはずだ(ジャイ)』『お前もなかなかやるな、マヤナの戦士にしたいくらいだ(ティオ)』みたいに、意気投合している二人(笑)


(〃゚3゚〃)
実は仲良くなれんじゃねぇの?


ネタばらし後、マヤナ国に向かうレギュラーメンバー、敵キャラ・レディナの暗躍も

(*・ω・*)o
ネタばらし後、『マヤナに行っても良いか』についてティオが快諾したので、その国の衣装に着替えてみんなで向かうよ。
王子と似ているとややこしいから、女装させられるのび太くん(笑)


(〃゚3゚〃)
しずか、ちょこちょこ人の災難を笑っとるなぁ(笑)


(*・ω・*)o
その後、ティオはククに案内役を命じるよ。王宮の風景や市場・武道場などを見学。ジャイアンは棒術を習うため、一時離脱。
河原では、しずかちゃんがククに、劇の練習で扱っていた、白雪姫の話をするシーンも。スネ夫くんは、『大きいワニがいる』など、気になった様子だよ。


(〃゚3゚〃)
そのワニ、たしか敵キャラ陣営だったな。
ククの場合は、受け取り方がちょっと気になるよな。王子がいつもツンツンしているからな(笑)


(*・ω・*)o
リアルでは大変そうだね。
一方の、イシュマル先生に棒術訓練を受けているジャイアン。周りの子も『新入りにしてはなかなかやるな』との評価。


(〃゚3゚〃)
ジャイは、劇場版ではわりと戦闘センスがあるよな(笑)


(*・ω・*)o
この棒術も、後半で少し使うよね。
その稽古の最中、ティオは(自分に不満を持っているのを知っているので)カカオ&モカにサカディ試合を申し込むよ。流石に2対1では分が悪く、ここにのび太くんが加勢。球技はダメで、ズッコケたりしてますが、得点で追いつくなど、形勢逆転へ。


(〃゚3゚〃)
『自分ひとりでぜんぶやろうとする』が、『協力する』って方向に変わってきている感じだな。


(*・ω・*)o
だね!
で、のび太くんは試合を決める3点目のチャンスに、ゴール前でフリー。しかし、後ろからタックルを受け、至近距離で思いっきり外します(笑)
ここに詰めていたのがティオで、ゴールに弾かれたボールを拾ってシュート、3:2でティオ&のび太くんチームが勝利。


(〃゚3゚〃)
昔はサッカー宇宙開発みたいなネタ、よくいわれていたんだよな(笑)


(*・ω・*)o
なお、カカオ&モカの2名については、のび太くんの『許してあげてくれ』との温情措置により、お咎め無しということになりました。


(〃゚3゚〃)
『不敬罪で死刑』みたいな展開、ドラえもんで見たくねぇよ(笑)


(*・ω・*)o
確かに!
その夜、『母上、変わった連中だけど、心強い味方ができました』と言いつつ、外を見ているティオ。ここに、ククが来て、のび太くんに教わったあやとりをみせるけど、『そんなことか、くだらん』と、適当に追い返してしまうよ。泣きながら戻るククを見て、『しずかちゃんに言われたセリフ』を思い出し、追いかけるティオ。


(〃゚3゚〃)
あれ、しずも内面的な成長に関与している感じだな。


(*・ω・*)o
彼は、女の子に対等な立場で、ものを言われたことが無かったのかもね~。
で、一人で泣いているククが、今度は魔女レディナの部下にさらわれました。『神殿に来い』というメッセージも。


(〃゚3゚〃)
どうやら一人で乗り込んだようだが、以前のティオなら、すぐ助けに動いたかはわからんな。


(*・ω・*)o
『兵士に捜索に行かせて終了』とかもありえるね。
で、聴いていたカカオ&モカには『誰にも言うな』と伝えるけど、翌朝この二人は、カツラを忘れたのび太くんに、『王子さま、ククさまは助かったんですね』と言ってしまうよ(笑)これにより全員に発覚してしまい、ドラえもん達はイシュマル先生と共に、2人を救出に向かうよ。


(〃゚3゚〃)
ここまで尺を1時間使っているが、この時間帯から本格アドベンチャー&バトルパートは、珍しいんじゃないか?


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【映画 アイの歌声を聴かせて(ねたばれ含)】登場人物,あらすじ,重要設定&アイテム,『百合か?』なども徹底確認
【映画planetarian~星の人~】キャラデザが昔のギャルゲー的で人を選ぶが、ハードな環境や泣かせ要素が特徴のロボット交流アニメーション
【映画・ぼくらの7日間戦争(2019アニメ版・あらすじねたばれ含)】不法滞在問題・百合・SNS炎上・宮沢りえなど、いろいろ盛り込みすぎた作品
【映画・君と100回目の恋(あらすじねたばれ含)】miwaさんが微妙だが、SF要素でスイーツ感控えめ・時間跳躍などのポイントも詳しく解説
【映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)】恋愛頭脳戦みたいな感じは弱め(笑)、ポンコツ不器用たちのラブコメムービー