更新日: 2021年09月06日

【映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)】恋愛頭脳戦みたいな感じは弱め(笑)、ポンコツ不器用たちのラブコメムービー

(*・ω・*)o
おつかれー。2021年8月20日から『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』が公開していたけど、それのキャンペーンで『かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)』が、gyaoで配信されていたから見てみたよ。各種レビューサイト・配信サイトでのスコアは微妙だったけどね(笑)


(〃゚3゚〃)
これがスコアか。
邦画はちょくちょく、こういうのが出てくるからな(笑)
とはいえ、『yahoo映画:2.92 / filmarks:3.1 / amazon配信レビュー:2.5』は、なかなか微妙なラインがきたな。


(*・ω・*)o
確かに微妙だね(笑)とはいえ、MGさん年代の男性にとっては、橋本環奈さん・池間夏海さんあたりのキャストの活躍も気になるところかなとは思うよ。今回は『映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)』を見ていこうか。


(〃゚3゚〃)
そこらへんは、確かに気になるな(笑)


映画・かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年・1作目) 予告編/データ

■スタッフ
監督:河合勇人
脚本:徳永友一
原作:赤坂アカ
製作:平野隆/刀根鉄太/辻本珠子/下田淳行
音楽:遠藤浩二
主題歌:King & Prince「恋降る月夜に君想ふ」
撮影:花村也寸志
編集:瀧田隆一/田端華子
制作会社:ツインズジャパン
配給:東宝

■キャスト
平野紫耀(King & Prince)
橋本環奈
佐野勇斗
池間夏海
浅川梨奈
堀田真由
ゆうたろう
髙嶋政宏
佐藤二朗

かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)の登場人物は?

優秀だけどポンコツイケメン 白銀御行会長(演:平野紫耀)

(*・ω・*)o
学校の生徒会が舞台になっていて、彼は会長ね。名前の読み方は『しろがねみゆき』だって。副会長の四宮が気になっているんだけど、面と向かって言えないので、策略を巡らす感じの展開になるよ。学習面とかでは優秀っぽいけど、ポンコツかな(笑)


(〃゚3゚〃)
この映画、わりとめんどくさいポンコツが多いな、彼もその一人だ(笑)


プライドが高いわりに世間知らず 四宮かぐや副会長(演:橋本環奈)

(*・ω・*)o
作中の学校の生徒会副会長で、白銀会長が気になっているんだけど、財閥のお嬢様ということもあり、自分からいうのはプライドが許さないみたいな面も。あと、わりと世間知らず。キャミとか浴衣とか、猫耳メイドみたいなシーンもあるよ(笑)


(〃゚3゚〃)
それ、おっさん層へのサービスじゃねぇの?(笑)


不思議ちゃん 藤原千花(演:浅川梨奈)

(*・ω・*)o
生徒会での役職は書記。映画のチケット持ってきたり、花火に行く提案をしたりと、ラブコメ映画的には動きの起点になるキャラ。ただし不思議ちゃんで読めない感じ。


(〃゚3゚〃)
狙ってんのかわからん感じが、なんとも言えんきゃらだな。


余計なことを言いがち? 石上優(演:佐野勇斗)

(*・ω・*)o
生徒会の役職は会計。わりと真面目に仕事している感じはするけど、俗に言う、リア充っぽい青春を憎むような描写や、余計な一言を言ってしまう面とかも見られるよ。


(〃゚3゚〃)
そういう属性のキャラもいたほうが、感情移入できる対象が増えるってもんだな。


チャラ男化 田沼翼(演:ゆうたろう)

(*・ω・*)o
白銀会長の後輩かな。恋愛相談を会長にしたところ、『壁ダァン』みたいなわけわからない方法を提案されるけど彼女ゲット。その後チャラい感じに容姿も変化。


(〃゚3゚〃)
なぜあれで上手くいくんだろうなぁ(笑)


変な告られ方で翼の彼女に  柏木渚(演:池間夏海)

(*・ω・*)o
前述の『壁ダァン』により翼の彼女に。四宮とランチ中に恋バナみたいな展開も。


(〃゚3゚〃)
池間夏海が演じたおかげか、アニメ版・コミック版より明るい感じの雰囲気になっとるな。


四宮家のメイド 早坂愛(演:堀田真由)

(*・ω・*)o
メイドさん。とはいえ、身の回りの世話だけではなく、ドローン操作などによる偵察も。アニメ・原作コミックについて調べたら『学園に送り込まれた』とか書いてあったけど、実写版ではその辺の扱いは不明。


(〃゚3゚〃)
なかなか、つかみどころが見えないキャラな印象だった。


わけわからん医者 田沼正造(演:佐藤二朗)

(*・ω・*)o
四宮家お抱えの医師で、名心臓外科医とのこと。とはいえ、『ソーラン節を踊ってノーモアストレス』『倒れたのは恋の病』みたいな、わけわからない発言も(笑)
なんか、情熱大陸のパロディみたいな感じの描写もあったよね~。


(〃゚3゚〃)
この映画の製作委員会にTBSが入ってて、情熱大陸を制作したMBSが系列局なんだっけか?それゆえ使いやすかったってだけかもしれんな(笑)


映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)の、あらすじは?

『あからさまに映画に誘った感』を低減させるための、四宮&白銀の攻防

(*・ω・*)o
それでは、あらすじを見ていきましょう。たぶんオープニングは作品説明だと思うんだけど、アニメ風パートが寒いから飛ばした(笑)


(〃゚3゚〃)
まあ、wikipediaや公式サイトにも書いてあるしな。


(*・ω・*)o
で、お互い気になってる生徒会の白銀会長と四宮のところに、生徒会書記の藤原が『一緒に行くと恋人に』みたいなジンクスのことを話しながら、映画のチケットを持ってくるよ。『そういうジンクスは気にしないのだが~』のように、平静を装う白銀会長。


(〃゚3゚〃)
ここらへん、変顔とか心の声みたいなのが多いな(笑)


(*・ω・*)o
で、このチケットは実は四宮が仕組んでて『白銀会長の休日スケジュールを調べて、懸賞をでっちあげ、当選を装って藤原書記の家のポストに入れた』みたいな流れね。『もっと情熱的にお誘いを~』みたいに煽る四宮(笑)


(〃゚3゚〃)
回りくどすぎるだろ(笑)どんだけ主導権握りたいんだよ。


(*・ω・*)o
そういう回りくどいアホさを楽しむムービーなのかな。
そして、『かまってちゃん化してると、会長が誘いたくなっちゃうよ』と、横やりを入れてくる会計担当の石上(笑)


(〃゚3゚〃)
なんか、ナイフで脅される描写があったような。


(*・ω・*)o
この子は『四宮が怖いかも』って気づいてるかな。
で、チケットのやり取りで『ババ抜きで決める・負けたらお願いを聞く』みたいなことになり、猫耳メイドの四宮を妄想している白銀会長(笑)


(〃゚3゚〃)
妄想中なのに、なんだその笑顔(笑)


(*・ω・*)o
ババ抜き勝負では、白銀会長が勝ったので『チケットを頂く』みたいな、回りくどいお願いをすることになりました。
その後、二人はシネコンに映画を見に行くよ。タイトルは『ラブリフレイン』。


(〃゚3゚〃)
すげーつまんなそうな映画だな(笑)


(*・ω・*)o
大丈夫だよ、作中作、まったく関係ないから(笑)
実は、シネコンのチケットのシステムがわからなかった四宮、隣に座ればよいものの、白銀会長の席とはまったく関係ないところを取ります(笑)
白銀会長は、近くにいるゆるキャラをみて『12匹のペンタンG→座席はG12を買ったから、G11を選べ』みたいなわかりにくい説明をするので、化学的なほうのペンタンを想定してしまう四宮


(〃゚3゚〃)
wikiで調べたら、天然ガスや石油エーテル、ガソリン等に含まれているらしいな!つーか、そういう回りくどいやり取りのせいで、他の客が『早くしろよ』って顔をしてるな(笑)


(*・ω・*)o
直接言った方が早いのに、この人たち馬鹿だね(笑)
で、別々に座ったうえ、カップルとかに挟まれて気まずい、みたいなオチ。


(〃゚3゚〃)
馬鹿と天才は紙一重、よく言われるからな(笑)


白銀の無茶恋愛アドバイスで彼女ができる翼や、四宮の家に見舞いにいく白銀等の様子も・しかし特に進展なし

(*・ω・*)o
ある日の出来事。『恋も百戦錬磨ということになっている』らしいので、後輩の翼が、白銀会長に恋愛相談に来るよ。チョコボール3個しかもらえなかったという、柏木に告白したいとのこと。強引に行けということで『壁ダァン』を伝授する白銀会長。また、イケメンに迫られてドキドキしてる男の子みたいな描写も(笑)


(〃゚3゚〃)
そっちの需要も狙えるのかこの作品は(笑)スイーツ風とはいえ男性向け要素が強いと思っていたがな。


(*・ω・*)o
広範囲狙ってるかもよ。
で、柏木に、『壁ダァン』で告白して、okを貰う翼と、『えぇ~?』みたいな顔になっている白銀会長(笑)


(〃゚3゚〃)
『まさか、ほんとにやるとは』って感じになっとるがな。


(*・ω・*)o
あと、下ネタで笑ってしまい、コーヒーを噴き出して石上に浴びせてしまう四宮のようすとかも。
ここら辺、クドいので省略ね(笑)


(〃゚3゚〃)
ここはやたらクドかったな。制作側に『橋本環奈に、ちんこって言わせて喜んでる奴』が居るかもしれん。吊るし上げろ(笑)


(*・ω・*)o
その後は、ラブコメで良くある、お見舞いイベントも発生するよ。熱を出して休んだ四宮の家にいく白銀会長。メイドさんも居て大きい家、しかも別邸ということで、さすがお嬢様。いきなり会長が来て、びっくりしている四宮。


(〃゚3゚〃)
四宮の反応がいつもと違うようなのだが、pixiv/wikiなどで調査したところ『複数の人格が出てくる』みたいな記述を発見した。原作コミックは見ていないからわからんが、かぐや(アホ)という状況と考えられるな。


(*・ω・*)o
もう、こっちのキャラで行けばよいのにね~。
で、ベッドに白銀会長を引きずり込んで誘う四宮と、デザイアが加速しそうな白銀会長。


(〃゚3゚〃)
洋画だったら100%ヤるんだが、作風・キャラ的にヘタレそうだな(笑)


(*・ω・*)o
ヘタレるに決まってるじゃん。結局、唇にタッチくらいでした。その後人格が戻ってきて、『変態!』と追い出される会長(笑)


(〃゚3゚〃)
ここら辺は原作を見てないと、よくわからんポイントになりそうだな。


(*・ω・*)o
だね。夏休み前の最終の日あたりかな。『友達の恋愛相談で、仲直りしたいみたい』と、柏木に相談する四宮。会長も、チャラくなってきた翼に『友達が~』という形で相談します。


(〃゚3゚〃)
両方とも、『友達じゃなくて本人じゃね?』って気づいてるかもな(笑)


(*・ω・*)o
気づいてるよ(笑)
あの事件の後、気まずくなっていた二人だけど、終業式の放課後、少し言葉を交わすことに。唇タッチして、『これでチャラ、おあいこです』と伝えて去っていく四宮。四宮が切ない顔している一方、白銀会長は『いけんじゃね?』って、砂浜水着夕日デートを妄想しています(笑)



(〃゚3゚〃)
対外的にに格調高そうな雰囲気を出していても、中身は思春期の男の子やがな。


夏休みは花火へ・しかし、『負荷のかかる仕事させ過ぎた』などの勘違いから、生徒会選挙でバトルっぽくなってしまう四宮&白銀

(*・ω・*)o
それでは、作中での夏休み突入。まずは『夏は~』みたいなナレーションが入って、海とか水着の女性とかチャラいEDMが流れる感じ(笑)


(〃゚3゚〃)
ナレーション、『ボインがこけた』とかで盛り上がったな、オヤジかよ(笑)


(*・ω・*)o
ホントにターゲットがわからなくなる映画だね~。
そして、ちょっと冒険みたいな感じで、ラブホテに入っていく翼&柏木の描写とか。


(〃゚3゚〃)
あれ、風営法で高校生はラブホテ利用ダメなんじゃなかった?(笑)


(*・ω・*)o
『映画中の妄想シーンです』とかいってごまかしそう(笑)
で、夏休みが半分過ぎても、特になにもなさそうな、四宮&白銀会長。
メイド・早坂の発言から、『四宮が会長から誘ってもらう前提で、スケジュールを埋めていた』というのが発覚。


(〃゚3゚〃)
痛すぎるだろ(笑)


(*・ω・*)o
しかし、書記:藤原より助け船。『花火大会にいきましょう』との提案。これには二人とも喜びの表情を。


(〃゚3゚〃)
藤原は狙ってやっているかはわからないキャラなんだが、これで話が動くので一安心だ。


(*・ω・*)o
で、出かける前に、髪に変なカールかけている白銀会長と、早坂と浴衣を選んでいる四宮の描写。


(〃゚3゚〃)
そのカール、結局やらないじゃないか(笑)


(*・ω・*)o
そして、花火大会会場に集まってくる生徒会メンバー。しかし、開始時間になっても四宮は来なくて、メイドの早坂が『親から外出許可が出なかった』と白銀会長に伝えに来るよ。twitterで『みんなと花火を見たい』と投稿して、一人で家から花火を見ている四宮。


(〃゚3゚〃)
そこはあえてtwitterなんだな。開始1時間で、やっとシリアスな展開になってきたな。


(*・ω・*)o
四宮はそこで、脱走を図ることに。ロープで脱出&庭のプールに落ちるけど、タクシーで現場近くまで向かい、渋滞にはまったら後はダッシュ!最初行く予定だった花火は終わったけど、白銀会長が『四宮の取りそうなルートをトレースする』という方法で、会うことに成功。他の会場の花火は21時までなので、そこに向かうことに。


(〃゚3゚〃)
この『四宮が取りそうな行動・ルートをトレースしてそこに行く』っていうのが、ほぼ当たっているのが凄いな。お前らさっさと結婚しろ(笑)


(*・ω・*)o
なんだかんだ言って、理解されている感じはするからね!
で、生徒会メンバーはタクシーで移動し、ギリギリで花火見物に成功


(〃゚3゚〃)
車内からっていうのが、最近ではなかなか見ないパターンだな!


(*・ω・*)o
しかし、『白銀会長の横顔から目が離せない。心臓の音がうるさくて、花火の音が聞こえない』となる四宮。


(〃゚3゚〃)
クソ寒い演出が続いたけど、ラブがコメってきましたなぁ(笑)


(*・ω・*)o
とはいえ、意識しすぎてあまり進展ないまま、秋・生徒会解散の日。生徒会室を片付けたあと、突然倒れて病院に運ばれる四宮。他の生徒会メンバーは、メイドの早坂から『検査の結果が出るまで詳しいことはわからないが、(四宮の)母親が心臓病で亡くなっていた件』を聞くよ。


(〃゚3゚〃)
シリアス・大げさな気もするが、のちの展開の前フリみたいな印象と言えそうだな。


(*・ω・*)o
そして、作中のTV『情熱大陸』で、四宮家お抱え医師・田沼正造が『ノーモアストレスとかいって、病院でソーラン節を踊る』映像を見ている白銀会長。


(〃゚3゚〃)
患者にキレる描写があったな、お前もストレス溜まってんじゃん(笑)


(*・ω・*)o
四宮は何とか回復して、学校に復帰するよ。元生徒会のみんなに、『残された時間、みんなと一緒にいたいから、生徒会長に立候補する』と話すけど、白銀元会長が『もうすぐ病気で死ぬ』と勘違い。『生徒会長の仕事で負荷をかけさせないように、自分がまた会長やる』と決意。
これにより二人は選挙で対決へ


(〃゚3゚〃)
普通に考えたら、『もうすぐ卒業だし~』みたいな流れだと思うが、大げさすぎるだろ(笑)


(*・ω・*)o
選挙戦。普通にアピールしている、白銀陣営。


(〃゚3゚〃)
まあ、オーソドックスな生徒会長選挙って感じだな。


(*・ω・*)o
対する四宮陣営。ディナー会・バーチャルアイドルライブ・差し上げた封筒に万札が入っているなど、金にものを言わせた活動を(笑)


(〃゚3゚〃)
汚ぇ・・生徒を買収しとりますがな(笑)


(*・ω・*)o
また、四宮陣営では、メイド早坂のドローン撮影の情報により、『藤原・白銀で密会している』という点も押さえるよ。なんかあえぎ声みたいな音声が入っていたので、キレそうになっている四宮。


(〃゚3゚〃)
四宮はむっつりなので、そういう想像をしてしまったようだが、実際はまったく関係ない(笑)


映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)の結末は?(ねたばれ)

*ねたばれ含みます

(*・ω・*)o
それでは、結末を見ていきましょう。選挙戦、まずは白銀陣営・石上の応援演説。彼は青春って言葉が嫌いらしいんだけど、演説のなかに『青春を謳歌』みたいなフレーズが入っていて、ステージ上でブチ切れてしまう形に(笑)


(〃゚3゚〃)
自分で言ったんじゃねぇか(笑)


(*・ω・*)o
一方の四宮陣営は、告発するような形で『白銀・藤原の密会』を紹介。しかしこれは、『TVで医者が言っていた、ストレス低減(心臓病だと思っている)のための、ソーラン節の練習だった』ということが発覚。ステージ上でソーラン節を踊る白銀・藤原の様子を見て、サックリと解ける誤解(笑)


(〃゚3゚〃)
あの医者、すげぇ適当なキャラだと思っていたら、ちゃんとエンディング付近で回収してきやがったな(笑)


(*・ω・*)o
で、白銀元会長的には『心臓が悪いのに無理をさせたくない』ということだったんだけど、医者に『恋の病』といわれたことを思い出し、『自分が倒れたのは、好きだったから』と、白状してしまう感じに。


(〃゚3゚〃)
選挙演説がいつの間にか、公開告白タイムになっているんだけど(笑)


(*・ω・*)o
で、最後には拍手してくれるけど、一瞬、時が止まった様子の全校生徒。


(〃゚3゚〃)
俺たち視聴者も、『何を見せられてるんだ』って感じだったわ。


(*・ω・*)o
そして、選挙にギリギリ勝利し、また会長になった白銀会長のもとに来て、『このままだとまたお嬢様が倒れる』と伝え、鼻歌で情熱大陸の曲を歌いながら去っていく、田沼医師。あと、メタっぽい下らないことも言ったよね?(笑)


(〃゚3゚〃)
『この映画のナレーションを担当している~』って、確かに言ったな。冷めるだろ(笑)


(*・ω・*)o
冷めたところで、エンディングはまた、最初のメンバーで生徒会室に集合・・なんだけど。
最初二人っきりになって、キスしそうになったけど、みんなが来たからやめた、みたいな白銀会長と四宮。しかし、書記担当:藤原が『仲良し警察ですよ~。仲良くしなきゃ~』って、肩を押した勢いで唇が触れてしまう、みたいな展開。


(〃゚3゚〃)
冒頭部分と全く変わっていない状況だが、少し進展があった、というように解釈しておこうか。


(*・ω・*)o
で、白銀会長と四宮キスシーンを見た、藤原&石上の反応をどうぞ。



(〃゚3゚〃)
石上は最後まで、顔芸がオーバーリアクション気味だったな。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【映画planetarian~星の人~】キャラデザが昔のギャルゲー的で人を選ぶが、ハードな環境や泣かせ要素が特徴のロボット交流アニメーション
【映画・ぼくらの7日間戦争(2019アニメ版・あらすじねたばれ含)】不法滞在問題・百合・SNS炎上・宮沢りえなど、いろいろ盛り込みすぎた作品
【映画・君と100回目の恋(あらすじねたばれ含)】miwaさんが微妙だが、SF要素でスイーツ感控えめ・時間跳躍などのポイントも詳しく解説
【映画・このすば紅伝説(ねたばれあらすじ含)】パルプフィクション原案担当も絶賛の、ゲスい会話&ギャグ・派手バトルで楽しめる作品
【映画ファイナルファンタジーThe Spirits Within(ねたばれあらすじ含)】100億溶かした伝説の映画・わかりにくい敵やスピリチュアル要素も確認