更新日: 2021年10月17日

【映画・このすば紅伝説(ねたばれあらすじ含)】パルプフィクション原案担当も絶賛の、ゲスい会話&ギャグ・派手バトルで楽しめる作品

(*・ω・*)o
おつかれー。以前『映画パルプフィクションの原案担当ロジャー・エイヴァリーが絶賛』というニュースがあったので、『映画・このすば紅伝説』を配信で見てみたよ。なんか理由がわかった気がするね(笑)


(〃゚3゚〃)
俺も原作は未読で『よくある異世界ハーレムラノベ原作作品』とか思っていたが、『ゲス発言&会話・お色気・ギャグ・派手なバトル』などが琴線に触れたようだな。俺も、そういうラノベは嫌いだが、本作は非常に楽しめた(笑)


(*・ω・*)o
まあそんなわけで、今回は『映画・このすば紅伝説』を取り上げていくよ。当サイトの傾向上、ネタっぽくとりあげやすいかも。


(〃゚3゚〃)
クズマがツッコミに回っている以上、『俺らがやる意味あんの?』って感じはするけどな(笑)


映画・この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説 予告編/データ

■スタッフ
監督 : 金崎貴臣
脚本 : 上江洲誠
原作 : 暁なつめ
音楽 : 甲田雅人
主題歌 : Machico「1ミリ Symphony」 / アクア、めぐみん、ダクネス「マイ・ホーム・タウン」
撮影 : 廣瀬唯希
編集 : 木村佳史子
制作会社 : J.C.STAFF

■キャスト
カズマ : 福島潤
アクア : 雨宮天
めぐみん : 高橋李依
ダグネス : 茅野愛衣
ゆんゆん : 豊崎愛生
ウィズ : 堀江由衣
バニル : 西田雅一
ルナ : 原紗友里
荒くれ者 : 稲田徹
こめっこ : 長縄まりあ
ひょいざぶろー : 高橋広樹
ゆいゆい : 能登麻美子
あるえ : 名塚佳織
ふにふら : 富田美憂
どどんこ : 鈴代紗弓
ぶっころりー : 中島ヨシキ
そけっと : 長谷美希
族長 : 最上嗣生
シルビア : 渡辺明乃

映画・このすば紅伝説の登場人物は?

ゲス担当その1、クズマ(カズマ)(CV:福島潤)

(*・ω・*)o
wikiで確認したところ『死後にファンタジー世界に転生』とのことだけど、アニメやラノベの続きなので、そういう描写はすっ飛ばされています。主にエロや文句などで仲間にも食って掛かるなど、ゲス言動を楽しませてくれるよ。作中最終バトルでは、文字通り体を張った展開も。


(〃゚3゚〃)
見出しがクズマになっとるがな(笑)とはいえ、作中人物にも何度となくこの名称で呼ばれていることが確認できた。


ゲス担当その2、だめがみアクア(CV:雨宮天)

(*・ω・*)o
カズマを作中世界に転生させた(巻き添えで連れてこられた)人、というより女神。しかし自分だけ戦闘から逃げようとする・煽りなど、ゲスっぽさも発揮(笑)もう一人の主人公っぽい立ち位置かと思ったら、pixivやアニメ化記念キャラクター人気投票での順位は、めぐみんのほうが上。


(〃゚3゚〃)
メインヒロインのフリした、ネタキャラじゃねえか(笑)


なぜ戦闘中に頬を染めている?ダクネス(CV:茅野愛衣)

(*・ω・*)o
ジョブは上級職クルセイダー(聖騎士)で、剣はヘタ(笑)だけど防御特化。作中ではタンク・足止めみたいな活躍もみられるけど、なぜ戦闘中に頬を染めているのかな?(笑)


(〃゚3゚〃)
まともそうに見えるが、どうやら、ドMらしいぞ(笑)
モンスターのオークに攻められたいみたいな欲求もあるかもしれん。


派手必殺技での戦闘・ラブコメと大活躍で主役?めぐみん(CV:高橋李依)

(*・ω・*)o
爆裂魔法(エクスプロージョン)での派手なバトル描写のほか、作中のメイン舞台が紅魔族の里ってこともあり、家族が登場する・ラブコメヒロインぽい描写など、完全に主役って感じ。ネットで俗にいう、ロマン砲みたいなのが好みなら、推しちゃうんじゃないかな~。



(〃゚3゚〃)
『1日に1発しか撃てない』『撃った後しばらく行動不能』は、メイドインアビスより使い勝手が悪いが、とんでもねぇ威力だ。ファンタジーの主役はやっぱ、勇者より魔法使いだな(笑)


めぐみんのお友達 ゆんゆん(CV:豊崎愛生)

(*・ω・*)o
紅魔族の族長の娘で、クズマさんに助けを求めに来る子(ただしデマ笑)。めぐみんのお友達だけど、基本的に紅魔族の中では浮いていて、ぼっちらしいよ。


(〃゚3゚〃)
乳揺れも担当じゃねーか、あからさますぎてネタっぽいが。まあいいか(笑)


元は男性らしい 魔王軍幹部シルビア(CV:渡辺明乃)

(*・ω・*)o
本作のヴィランで、紅魔の里の攻略に来ている魔王軍幹部。
種族はグロウキメラで、元は男性・女性の体は合成で得た、みたいな感じ。紅魔族の天敵兵器「魔術師殺し」を取り込んで合体・パワーアップするような描写も。


(〃゚3゚〃)
さすがのカズマも、そういう趣味は無かったようだな(笑)


紅魔族を生みだした博士(CV:チョー)

(*・ω・*)o
おそらく重要人物かも、ということで紹介。wikiやpixivでは『機動要塞デストロイヤーを作った人』などと紹介されている博士。日本から転生し(古代文字が日本語)、適当なノリで紅魔族を作ったりしたとのこと。


(〃゚3゚〃)
だから日本出身のカズマが、サックリ兵器の封印を解いたりできてしまったようだな。


映画・このすば紅伝説のあらすじは?

カズマパーティ、ミッション失敗後にめぐみん出身地である紅魔の里へ

(*・ω・*)o
それではあらすじを見ていきましょう。オープニングは、カズマパーティのミッション失敗後の様子(めぐみんが爆裂魔法で、まぐろごとモンスターを吹き飛ばした)で、メンバーに文句を言っています。そのせいで、他の冒険者に『クズマ』と叩かれている感じ(笑)


(〃゚3゚〃)
しょっぱなからクズ呼ばわりかよ(笑)
とりあえず、おれたちみたいな初見勢には、『カズマがこの世界に来ている経緯』については省略されている(原作ラノベ5巻からのエピソード)ってところを押さえたほうがよい感じだったな。


(*・ω・*)o
そこは原作ラノベや、アニメで補完って感じなのかな。
そして、映画史に残るかもしれない、クソみたいなタイトルコール(笑)
内容は、『めぐみんの友達の紅魔族・ゆんゆんが、駆け付けて来て子供が欲しいと話す(ただしデマ)』→『クズマさんが、むっちゃイラつく口調で、「モテ期はいりました」のドヤ顔』→「無駄に壮大なBGM&タイトル」みたいな感じかな(笑)



(〃゚3゚〃)
まあ、クズかどうかにかかわらず、生き物には「子孫を残したい」という本能があるかもしれんのぅ(笑)


(*・ω・*)o
『紅魔の里の滅亡の危機を救うためにカズマの子供が欲しい』ということだったけど、この手紙は、同級生(作家志望のあるえ)が書いた創作であると発覚。恥ずかしくなって手紙を丸めて蹲るゆんゆん。あと、ええとクズさんは、なぜそこでズボンを脱ぐんですかねぇ(笑)


(〃゚3゚〃)
みんなが居る前でセクロスすんのかてめぇ(笑)
また、ゆんゆんは『種族の中ではまともな性格』とのことで、デマを真に受けてしまったと考えられそうだな。


(*・ω・*)o
プレイ見られたいのかな、変態だね(笑)
で、ゆんゆん帰宅&翌日。一行は、ショップ店員のウィズに、紅魔の里周辺までテレポートの呪文で送ってもらうことに。この近辺ではモンスターが生息しており、雌オークの群れに、繁殖相手っぽい意味で追いかけられるクズマ(笑)


(〃゚3゚〃)
ゆんゆんには迫ろうとしていたのにな。まあ、種族が人間である以上はしょうがないな。


(*・ω・*)o
種族関係ないっぽい人、ここにいたよ(笑)
追跡中『雄のオークは絶滅した』とめぐみんから聞いて、目が死んでるダクネス


(〃゚3゚〃)
ええと、これは日本のファンタジー漫画で良くある『女性騎士がしょっちゅうオークに襲われる』みたいなネタを狙ってたってことでいいのか?


(*・ω・*)o
わたし、そういうのはトールキンしか知らないけど、たぶんそうだと思う。
で、ギリギリのところで、助けに来たゆんゆんが、呪文でオークを一掃。どさくさに紛れて、ゆんゆんに抱きついているクズマ(笑)


(〃゚3゚〃)
ゆんゆんも結構強いのな!オークに脱がされてたということで半ケツになっているようだが、特に需要は無いな(笑)


(*・ω・*)o
そして、『ほんとは里のみんなが心配か』とか『ネタ魔法(爆裂魔法のこと)』などと言い争いをしてしまう、ゆんゆん&めぐみん。このせいでモンスターに発見されてしまうよ。さらにアクアが煽ったことで臨戦態勢になっており、『ネタ魔法の威力を見せつけてやる』と、爆裂魔法をぶっ放すめぐみん(笑)


(〃゚3゚〃)
破壊力がデカすぎて、仲間もダメージを食らっとりますがな(笑)


(*・ω・*)o
そして、倒れている隙に、爆発をみた魔王軍の援軍が到着。しかしこれは、カッコつけたポーズで登場した紅魔族が瞬殺。魔法陣グルグルにもこういうネタ、あったね~(笑)


(〃゚3゚〃)
オッサンがカッコつけたポーズで登場して、派手な呪文で敵を倒していくやつだな!そういうノリが好きな人は、本作楽しめそうだな!


(*・ω・*)o
戦闘後は、カズマがポーズをキメながら自己紹介したので、『このノリがわかるとは。めぐみん、いい仲間を持ったね』と、紅魔族メンバーのぶっころりーに言われ、照れているめぐみん。


(〃゚3゚〃)
褒めてるんだか褒めていないんだか、微妙なラインを突いてくるな(笑)


(*・ω・*)o
パーティは、ぶっころりーのテレポートで送ってもらい、紅魔の里へ到着。
なかなか斬新な風景って感じ。


(〃゚3゚〃)
ヨーロッパ的なファンタジー世界と、日本の農村を混ぜた感じは、初めて見たぞ。


(*・ω・*)o
里についたあとは、ゆんゆんの父親である族長の元へ。『手紙はネタっぽく書いただけで、デマ』と発覚。実はゆんゆんが真に受けていただけ。唯一、魔王軍が攻めてきているというのだけは、本当らしいよ。


(〃゚3゚〃)
『手紙が届くころにはこの世にいない』とか、カッコつけて書いただけだったな(笑)
大して危機感もないんだろ?


(*・ω・*)o
無いね~。
実際に魔王軍のモンスターが襲撃してくるけど、紅魔族は全員上級魔術師なので、派手な呪文で瞬殺(笑)


(〃゚3゚〃)
なすすべなく倒されていき、逆に魔王軍のモブ兵士が可哀そうになってしまう描写だった(笑)


(*・ω・*)o
そして、燃料切れのめぐみんをおんぶしているクズマさん。こういうときだけはクズじゃないかも。


(〃゚3゚〃)
確かにな。


(*・ω・*)o
一方、めぐみんの実家を『馬小屋』といっちゃう、クズ女神なアクア(笑)


(〃゚3゚〃)
お前、はっきり言いすぎだろが(笑)


カズマ、めぐみんと実家で添い寝などラブコメ的展開・敵幹部シルビアの襲撃も

(*・ω・*)o
で、めぐみんの実家での様子ね。いきなり『姉ちゃんが男を引っ掛けてきた』と大声を上げる妹:こめっこに、ちゃぶ台をひっくり返そうとする父:ひょいざぶろー&『買い替える金がないからやめろ』と止める母:ゆいゆい。修羅場だけど、説明できるめぐみんは寝ています(笑)


(〃゚3゚〃)
『巨人の星かよ古いな!』というツッコミが出てくるが、紅魔族の起源を考えると、ある程度納得してしまうようだぞ。


(*・ω・*)o
そういうのも狙って作っているんだろうか?
その時、饅頭を差し入れするカズマ。父ひょいざぶろーと妹こめっこはパクパク食べてるね。


(〃゚3゚〃)
金が無くて食料が足りなかったんだろうなぁ、なかなか切ないシーンだ(笑)


(*・ω・*)o
この家族も、金がない描写を含めて、わりと印象のこるね~。次は『冒険中の娘からもらった手紙』の話をする母:ゆいゆい。内容が『娘を全身ぬるぬるにして楽しむ・一緒に風呂・背負っているとき胸の感触を楽しんでる』とかだったので、土下座するクズマ(笑)
なお、『大金が入ってくる予定・不動産(屋敷)を持っている』の話で、親二人は態度を変えます。


(〃゚3゚〃)
母ちゃん、なんで嬉しそうなんだよ(笑)ここは本作ではダイジェストになっているので、詳しく知りたい方は原作や地上波アニメ版を見てくれ。


(*・ω・*)o
どうやら、カズマとめぐみんをくっつけようとしているみたいだね~。
『あの男と一緒の寝室なんて、娘がかわいくないのか』と反対するダクネスを、スリープの呪文で眠らせる母ゆいゆい。部屋には布団が一つしかないので(&夜は寒い)迷った挙句一緒に寝ることにし、おまけにキスしようとするカズマ。めぐみんは起きたらこうなっていたので、びっくりしています。


(〃゚3゚〃)
あれ、ダクネスってこんなにまともなキャラだっけ?(笑)
とりあえず、ここら辺はラブコメ色が強めのようだ。


(*・ω・*)o
ダクネスは、普段はまともなんだよ、戦闘時がアレなだけで。
で、『今まで何もしなかっただろ(カズマ)』『本当に何もしてくれないんですか(めぐみん)』みたいなやり取りの後、がっついちゃうクズマ(笑)
めぐみん、一時離脱へ。


(〃゚3゚〃)
また脱いでやがる。カズマのパンツシーンがちょくちょく入ってくるが、特に喜ばしいものではないな(笑)


(*・ω・*)o
そして翌日の朝食時。『めぐみんにエッチなことをしようとした件』がバレており、他メンバーにもナチュラルに『クズマ・カスマ・ゲスマ』と呼ばれるカズマ(笑)


(〃゚3゚〃)
むしろその呼び方のほうが定着しそう&お粥の米よりお湯が多いぞ(笑)


(*・ω・*)o
で、アクア・めぐみん・クズマさんは、観光っぽいことも。風景がちょくちょく日本オマージュな感じ。何があるかわからん謎施設も。


(〃゚3゚〃)
文化的には、湯飲みでお茶を飲むような文化なのだな。


(*・ω・*)o
そのあと、ローブの調達に、服屋に行く三人。この服屋、ライフルみたいなのを物干し竿にしていて物騒(笑)


(〃゚3゚〃)
これ、どうやら戦闘でも使えるようだぞ。


(*・ω・*)o
後半の予言書みたいなところの下りにも出てたね、そういえば。
あとは、昔通っていた学院で、同級生と再会イベント。必死にパーティーメンバーが居るふりをするゆんゆんと、『パーティーじゃない』と、速攻でバラす3人(笑)


(〃゚3゚〃)
見栄を張りたかったんだよ、察してやれよ(笑)


(*・ω・*)o
しかし、戦闘の様子を話すとき『ゆんゆんが卒業までに上級魔法を使えなかった』を聞いて、何か察したカズマ。


(〃゚3゚〃)
さんざん『クズ・ゲス』とか言われたが、こういう洞察力の描写がある点はポイントだよな。


(*・ω・*)o
で、めぐみんに理由を聞くと『爆裂魔法のスキルポイントを貯めていたが、妹のこめっこがモンスターに襲われたとき、ゆんゆんが中級を習得して助けた(めぐみんにスキルポイントを使わせないように)』とのこと。


(〃゚3゚〃)
『今はゆんゆんのほうが一級の魔法使いだし』と、ポーズをキメながら煽るアクア、なかなかウザいな(笑)


(*・ω・*)o
良い話をぶち壊したね、彼女は(笑)
その直後、シルビア率いる魔王軍の襲撃も発生。援軍を連れて向かうカズマと、大軍を相手に一人で耐えきってるダクネス。
ええと この人、頬を染めながら『もう来てしまったのか』って言ったよね(笑)


(〃゚3゚〃)
村の危機より、自分の性癖を優先するんじゃない(笑)


(*・ω・*)o
そして、シルビアに対し『ミツルギだ』と名乗るクズマ(笑)シルビアは相手が強力とのことで一時撤退しますが、追い打ちをかけて全力で潰しにいく紅魔族(笑)


(〃゚3゚〃)
ほんとに滅茶苦茶な民族だな(笑)


(*・ω・*)o
その夜、ダクネスやひょいざぶろーがスリープで寝てるので、まためぐみんと一緒の布団のクズマ(笑)
『寒くて握った』だけど、手を握るときの口調がキモい(笑)


(〃゚3゚〃)
そりゃ、びっくりして布団からとびでるよなぁ・・


(*・ω・*)o
しかし、カズマが『いつもしりぬぐいばかりしてるんだぞ(これはマジ)』というボヤキに対して、お手手ぎゅっとして、素直にお礼を言うめぐみん。カズマは紅魔族っぽく『これからもよろしく』って返すよ。雰囲気良いじゃん。


(〃゚3゚〃)
あれ、ギャグ系かと思ったら、またラブがコメって来たようだな(笑)


(*・ω・*)o
あとは、カズマのフリーズ呪文で寒くなって、お布団に入ってくるめぐみん(笑)


(〃゚3゚〃)
おやおやおや~(笑)


再度シルビアの襲撃・古代兵器「魔術師殺し」と合体してパワーアップする描写も

(*・ω・*)o
一方、再度シルビアの襲撃。夜に里に忍び込んでるようです。『お前なんだコラァ』とキレながら出てくるカズマ&顔が真っ赤なめぐみん(笑)


(〃゚3゚〃)
マジで、イイ雰囲気のところを邪魔したって感じだったな(笑)


(*・ω・*)o
それはシルビア側も把握しているようだよ。『あらあら~、ひょっとしてその子とお取込み中だった?(シルビア)』に対し、間髪入れずに『ちがーう(めぐみん)』『そうだよー!(カズマ)』みたいな流れ(笑)


(〃゚3゚〃)
たしか、タランティーノも『間髪入れずに撃つ・殴る』みたいなネタやるんだよな(笑)


(*・ω・*)o
実はそういう関連があるのか~。
そして、寝起きののび太くんみたいな顔で出てくるアクア(笑)


(〃゚3゚〃)
出る漫画が違うだろうが(笑)


(*・ω・*)o
そして戦闘開始。全くダメージが通らない、カズマの攻撃。
『これが魔剣グラムか?』というシルビアに、『ちゅんちゅん丸です』と、ドヤ顔で答えるめぐみん(笑)


(〃゚3゚〃)
ネーミングセンスがイカレ過ぎだろ(笑)


(*・ω・*)o
その後、シルビアの巨乳に挟まって捕まり、人質になるカズマ。なぜかシルビアは感じてる描写も(笑)
彼は、助けようとするダクネスに、『最近、自分に対する扱いが悪い』と、キレるよ。


(〃゚3゚〃)
ダクネスも罵倒されて、ちょっと嬉しそうだな。変態ばっかりじゃねーか(笑)


(*・ω・*)o
しかし、『シルビアが種族グロウキメラで、元は男性・女性の体は合成で得た』と知ったときの、クズマさんの絶望の表情をご覧ください(笑)


(〃゚3゚〃)
いや、この世界が『男の娘にブヒる』というレベルにまで到達していなくて、逆に安心している(笑)


(*・ω・*)o
シルビアは人質にしたカズマを連れて、紅魔族の謎施設に来るよ。扉の解除キーがゲームのコマンド入力みたいになっていたので、カズマがサクッと解除。そのあと、扉をロックしてシルビアを閉じ込めて、後から来たメンバーとは『閉じ込めて倒した』みたいにする流れ。


(〃゚3゚〃)
操作が十字型ボタン・そのほかメインで使うボタンが2つで、コントローラー型のゲーム機って、スーパーカセットビジョンではないな。ファミコンやPCエンジンみたいなものと思われる。古すぎるだろ(笑)


(*・ω・*)o
ファミコンリアルタイムの人って、団塊ジュニア世代で人口が多いから、アピールしたいんじゃないかな!
そして、その施設で古代兵器『魔術師殺し』を体に取り込んで、シルビアがパワーアップするよ。甚大な被害が発生している紅魔の里と、冷や汗ダラダラで様子を見ているクズマ(笑)


(〃゚3゚〃)
まさか、『自分がサクッとコマンド入力した』せいで、こんな事態になるだろうとは想像してませんからね。


(*・ω・*)o
しかし、対処法が無いかと言えばそうでもなく、『古来よりある、解読できない遺跡』の話をする族長。


(〃゚3゚〃)
まあ、こういうのはRPGのお約束みたいなものだな。


(*・ω・*)o
そして、めぐみんの実家付近も火の手が上がっており、『お前はカズマたちを遺跡に案内しろ。お前の家族は私が守る』と話すダクネス。


(〃゚3゚〃)
頬を染めてないぞ、本心か?まともだな(笑)


(*・ω・*)o
頬染めで判定なの?(笑)
その一方『私の仕事は安全なところからの支援なんですけど~』と逃げ発言をし、カズマにラリアットを食らって連れていかれるアクア(笑)


(〃゚3゚〃)
お前が一番ゲスくさいじゃねーか(笑)


(*・ω・*)o
遺跡につくと、驚愕の事実が明らかに!
石板は日本語で書かれており(起源となる博士は、日本から送り込まれた転生者)、『紅魔族は対魔王用の改造人間』『種族の名前は、鼻くそほじくりながら適当につけた』『適当に作った兵器が、超威力過ぎるけど、レールガン(仮)と適当に名付けた』みたいな内容


(〃゚3゚〃)
だからカズマには、サクッとギミックが理解できた、みたいなオチか。


(*・ω・*)o
それを知ったせいで、カズマに『適当に転生させるな』と怒られるアクア。
ここら辺のノリはまさに、汚いヴァルキリープロファイル(笑)


(〃゚3゚〃)
適当に死者の魂をこちらの世界に送り込んでて、汚いヴァルキリープロファイルはしっくりきた。


(*・ω・*)o
一方では、シルビアが結界を展開して、呪文を使えないようにするので、紅魔族メンバーはピンチに。ここで、スーパー戦隊とかクロコダインみたいに、崖の上から登場するゆんゆん(笑)『ずっと嫌がっていたキメポーズもやってくれた』ということで、感動して泣いている父親:族長。


(〃゚3゚〃)
ちょっと、オッサンが集まっているシーンがあるようだな。美少女よりオッサン描きたいスタッフもいるかもしれん(笑)


(*・ω・*)o
そして、ゆんゆんが誘導してきたシルビアを、遺跡で知った兵器:レールガン(仮)で迎え撃つカズマ。1回目は不発だったので、叩いて直そうとするダクネス。


(〃゚3゚〃)
魔法兵器に、そんな昭和のテレビみたいな方法が通じるか(笑)


(*・ω・*)o
昭和のテレビか、とか、おっさん向けな話題でした(笑)
そしてめぐみん登場。爆裂魔法を撃つんだけど、魔法のエネルギーがレールガン(仮)に充填されているような描写。カズマが決めセリフを言い切る前に、妹:こめっこがトリガーを引いてしまい、シルビアを貫いて爆破。


(〃゚3゚〃)
あれ、キラキラの魔法エフェクトが強めにかかっていてカッコいいぞ!結局、レールガン(仮)という名前の割には、電力・電磁誘導を全く使わない、適当な名前の武器だったな(笑)


(*・ω・*)o
で、トリガー引いただけの、こめっこがキメポーズ(笑)調べたところ、小説版では戦闘がここまでで、あとはアニオリ展開を挟むようだよ。


(〃゚3゚〃)
なんすかね~、ロボット勇者なんとかカイザーみたいな、必殺技バンクのラストみたいな感じになっとるがな(笑)


映画・このすば紅伝説の結末は?(ねたばれ)

*ねたばれ含みます

(*・ω・*)o
それでは結末を見ていきましょう!一回死んだのか、三途の川で魔王軍のベルディア&ハンスに呼ばれるシルビア。しかし彼らを取り込んで、パワーアップし復活。この状態ではウィズ&バニルが強力な攻撃を仕掛けても効かないけど、カズマは逃げる途中に『隙はないか』って、なんか思いついたみたいだな。


(〃゚3゚〃)
アニメ版を見た人はご存じと思うが、この二名は、すでにカズマパーティに倒されているようだな。種族がグロウキメラってこともあり、合体パワーアップはお手の物だな。


(*・ω・*)o
ロボットアニメでもよく見る光景だけどね(笑)
で、カズマが思いついた連携攻撃の内容ね。アクアは、ブレッシングでカズマの幸運を限界までバフ。ウィズがドラゴンボールZの元気玉みたいに(笑)、紅魔族から魔力を集めるよ。その間ダクネスが押さえていて、カズマが『好き』とかいってシルビアをデレデレにし合体&足止め。


(〃゚3゚〃)
『好き』と『隙』をかけたオヤジギャグだったな(笑)
なお、シルビアは『愛情に飢えてる』みたいな描写もあり、こういう方法で騙して倒すのは、なかなか鬼畜である。


(*・ω・*)o
それを考えると、シルビアもちょっと可哀そうだよね~。
で、止めはウィズが集めた魔力でブーストした、めぐみん(爆裂魔法)&ゆんゆん(ライトオブセイバー)の呪文攻撃。超威力すぎるんだけど、カズマはギリギリで遺体が残ったので蘇生できた、みたいな感じ。


(〃゚3゚〃)
ここの呪文エフェクトすげーな!


(*・ω・*)o
まだ呪文エフェクトのシーンあるよ!
で、戦闘後に『上級魔法も使えるようになる』ということで、カードを渡して、カズマにスキルポイント振り分けを頼むめぐみん。カズマは、『今日は1日1爆裂まだやってないんじゃない』と話すので、最後に1発撃つことに。実は先ほどのスキルポイントは、全部爆裂魔法に入ってました(笑)


(〃゚3゚〃)
街ひとつ消し飛ばせるレベルの、とんでもねー威力になってるじゃねーか(笑)


(*・ω・*)o
で、エネルギー切れめぐみんをおんぶして、ピクニック中のアクア&ダクネスのところに向かう二人。振り向くと煙がハート形になっているという演出あれ、この二人って付き合ってるの?


(〃゚3゚〃)
この時点ではまだじゃねーかな。原作小説だと、このあとそういう関係になったとみられる描写があるようだぞ。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【映画planetarian~星の人~】キャラデザが昔のギャルゲー的で人を選ぶが、ハードな環境や泣かせ要素が特徴のロボット交流アニメーション
【映画・ぼくらの7日間戦争(2019アニメ版・あらすじねたばれ含)】不法滞在問題・百合・SNS炎上・宮沢りえなど、いろいろ盛り込みすぎた作品
【映画・君と100回目の恋(あらすじねたばれ含)】miwaさんが微妙だが、SF要素でスイーツ感控えめ・時間跳躍などのポイントも詳しく解説
【映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)】恋愛頭脳戦みたいな感じは弱め(笑)、ポンコツ不器用たちのラブコメムービー
【映画ファイナルファンタジーThe Spirits Within(ねたばれあらすじ含)】100億溶かした伝説の映画・わかりにくい敵やスピリチュアル要素も確認