更新日: 2021年09月07日

【映画・ドラえもん のび太のパラレル西遊記 紹介(あらすじネタバレ含む)】ホラー/トラウマな前半から、冒険アクションへ転換で面白い!

映画・ドラえもん のび太のパラレル西遊記 紹介(あらすじネタバレ含む)

(*・ω・*)o
おつかれー。こないだ配信で映画の『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』を見てみたよ。アドベンチャー感もあったけど、前半ちょっと怖いね。


(〃゚3゚〃)
それは俺もリアルタイムで見たな。当時の子供たちが大人になって、ネットで『トラウマ』とか言ってるぞ。
当時、作者が入院してたらしく、『原作漫画の大長編ドラえもんが無い』など、旧ドラでもテイストが違ってる感じだな。ゲストも新ドラに比べるとあっさりしてるぞ。


(*・ω・*)o
やっぱり、当時から言われてたんだね~。それじゃ今回は、『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』について語っていこうか。『データ・人物・道具・あらすじ&トラウマシーン』みたいにね。


(〃゚3゚〃)
俺も旧ドラリアルタイム世代なので、いくつかツッコミを入れていくぞ。


この記事の目次

映画・ドラえもん のび太のパラレル西遊記 予告編/データ

■スタッフ
監督:芝山努
脚本:もとひら了
原作:藤子不二雄Ⓕ
音楽:菊池俊輔
主題歌:堀江美都子、こおろぎ’73(君がいるから)
編集:井上和夫/渡瀬祐子
制作会社:シンエイ動画
配給:東宝

■キャスト
ドラえもん – 大山のぶ代
のび太 – 小原乃梨子
しずか – 野村道子
ジャイアン – たてかべ和也
スネ夫 – 肝付兼太
のび太のママ – 千々松幸子
のび太のパパ – 加藤正之
出木杉 – 白川澄子
先生 – 田中亮一
ドラミ – 横沢啓子
三蔵法師 – 池田勝
リンレイ – 水谷優子
牛魔王 – 柴田秀勝
羅刹女 – 栗葉子
金角 – 石森達幸
銀角 – 加藤精三

映画・ドラえもん のび太のパラレル西遊記の登場人物は?

今作では結構やらかしてる? ドラえもん(CV:大山のぶ代)

(*・ω・*)o
ドラ映画は何作かみたけど、本作ではやらかしてる印象が強いドラえもん。ヒーローマシンの件はあんな不具合があるのは、知らなかったんじゃないかな。


(〃゚3゚〃)
ドラえもんの名誉のために『ヒーローマシン開発会社がデバッグを怠った』ということにしとこうか(笑)『危険が危ない~』とか『牛魔ちゃん』とか、のぶ代ボイスで楽しめるのは、なかなか懐かしかったんだがな。


悟空スタイルで大活躍・のび太(CV:小原乃梨子)

(*・ω・*)o
『悟空が似てなかったらドラえもん道具使い放題』とか変な約束して、トラブルメーカーになってるけど、わたし本作でのび太くん活躍してると思うんだよね~。


(〃゚3゚〃)
偵察などのミッションのほか、『ボスキャラクラス敵とタイマン戦闘』などもあるから、見せ場は多いぞ。


直接戦闘も多い!ジャイアン(CV:たてかべ和也)

(*・ω・*)o
全体的に友情シーン薄めな本作だけど、ジャイアンは戦闘時の印象が強いかな!
八戒スタイルで登場。


(〃゚3゚〃)
VS銀角バトルだな。押し負けたけど、小学5年生にしては相当強いという印象だな。


煽りが面白い スネ夫(CV:肝付兼太)

(*・ω・*)o
全般的に一部のレギュラーが目立たないけど、スネ夫くんは面白いシーンあったね~。ジャイアンを煽るシーンとか(笑)アドベンチャーパートでは沙悟浄スタイルで登場するよ。


(〃゚3゚〃)
『ほらブタ、ブタの化け物の出番ですよ』だな(笑)


見せ場がお風呂だけは可哀そう しずか(CV:野村道子)

(*・ω・*)o
本作では三蔵スタイルで活動。サクッとさらわれたりとか活躍シーンが無いような気も。お風呂要員だけは可哀そうかな~。


(〃゚3゚〃)
昭和63年だけあって、全裸シャワーシーンが普通に劇場で流れていた。現在ならまず無理だ(笑)リメイク時には羅刹女との口論シーンとか入れても良いかもな!


実はそこまで形勢逆転の関与してないかも?ドラミ(CV:横沢啓子)

(*・ω・*)o
一部ではあのタイミングで出すのは反則的な言われ方してるけど、あの役はリンレイでもどうにかなった気がするから、そこまで形勢逆転の関与してないと思うんだよね。


(〃゚3゚〃)
三蔵の『観世音菩薩さま』というセリフから、西遊記モチーフのために登場させた説が濃厚だ。タイムマシンの形が蓮華座に似てるとも言えなくもない(笑)


ゲスト・実在した人物モチーフ 三蔵法師(CV:池田勝)

(*・ω・*)o
唐の時代に、巡礼や仏教研究でインドに渡った玄奘三蔵をモチーフにしたキャラ。作中でやってることも現実の記録と一緒。性格は聖人って感じ。


(〃゚3゚〃)
実在した歴史上の人物は、なかなか珍しい展開だな。他にはウィリアム・キッド船長くらいだろうか。


ゲスト・三蔵の弟子・リンレイ (CV:水谷優子)

(*・ω・*)o
三蔵さんの弟子として、一緒に旅をしている少年。根は基本的に真面目で、突入シーンではカッコいいところも。のび太くんとの友情シーンがそんなに濃くないのは、新ドラ勢からしたら新鮮かな。


(〃゚3゚〃)
旧ドラ後半~新ドラから、ゲスト×レギュラー描写が濃くなっていった感じはあるな。


トラウマポイント?のび太のクラスの先生(CV:田中亮一)

(*・ω・*)o
わたし的に怖かったポイントは、先生かな!まさかの化け物になってたみたいなね!


(〃゚3゚〃)
学校や家がこんな雰囲気では、安心して休める場所が無いな!


弱い?敵キャラ 金角&銀角(CV:石森達幸 加藤精三)

(*・ω・*)o
妖怪の幹部クラスっぽいんだけど、妖怪にしては結構弱い印象。金角の吸い込んで溶かすヒョウタンは強力なんだけど、ドラえもんにはまったく効きません(笑)銀角はちょっとしぶとかったよ。



(〃゚3゚〃)
敵がガチすぎると、それこそホラー作品になっちまうぞ(笑)


牛魔王の妻 羅刹女(CV:栗葉子)

(*・ω・*)o
妖怪・牛魔王の妻で、空を飛ぶ能力のほかに「芭蕉扇」を使って強風で攻撃してくるよ。のび太くんは一度吹っ飛ばされて退散します。


(〃゚3゚〃)
実は牛魔王以外の相手にはドSだぞ(笑)


妖怪ボス 牛魔王(CV:柴田秀勝)

(*・ω・*)o
ドラえもん達が行動する前の世界線では、世界制覇&人類制圧してるような面が見える、妖怪ボス。巨大化もできて、最終バトルは結構迫力がある感じ。


(〃゚3゚〃)
のび太が筋斗雲で飛びながら戦うシーンだな!


ヒーローマシンの姫(CV:原えりこ)

(*・ω・*)o
ドラえもんがプレイしていたヒーローマシンのゲーム『ヴァイキング』に出てきていた姫。セリフもあったし、後から活躍するのかと思っていたら・・・


(〃゚3゚〃)
ドラえもんのデレデレシーンを見せつけられるだけで、何もなかったな(笑)


映画・ドラえもん のび太のパラレル西遊記に登場する、ひみつ道具は?

ヤバい道具ランキング上位かも?ヒーローマシン

(*・ω・*)o
22世紀のVRゲームみたいな感じなんだけど、これヤバいよね(汗)中の敵キャラが出てきて現実世界に干渉とかさ。なんでこんなもの売ってるの?


(〃゚3゚〃)
知らんがな(笑)まあ、一度人類が征服されてしまい、ドラえもん達がそれを解決した後は、現実干渉する不具合を修正したバージョンが売られるとは思うぞ。


楽しい食事シーンなども キャンピングカプセル

(*・ω・*)o
今回は中国大陸の砂漠のど真ん中で使用。お泊り・食事パートは昔から定番だったんだね~。


(〃゚3゚〃)
普段は地面に刺す小さいタイプが多いんだが、本作では全員入れる大きいタイプっていうとこは違うな。
未来っぽいデザインでないところも雰囲気が出ているぞ。


マジで役に立たない(笑) 雲製造機

(*・ω・*)o
燃えている山・火焔山突入シーンで使用。雨雲を作って天候を操るっていうとすごそうだけど、これダメだったね(笑)


(〃゚3゚〃)
火焔山の火力が高すぎたからな。焼け石に水とはこのことだ(笑)


(*・ω・*)o
山だけどね(笑)


映画・ドラえもん のび太のパラレル西遊記のあらすじは?

のび太、劇の主役(悟空)をやりたくて無茶な約束・唐王朝時代の中国でヒーローマシン使用も

(*・ω・*)o
それでは、『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』のあらすじを見ていきましょう。まずはのび太くんが孫悟空になって釈迦との勝負に負け、封印されるシーン。だけどこれは妄想・夢。実際は、新入生歓迎会の劇で西遊記をやることになり、それを練習中。


(〃゚3゚〃)
発案者なのに、モブキャラ担当にされるのび太よ(笑)


(*・ω・*)o
学校では相変わらず扱いが悪いね~。
そのほか、モトヒラくんの『次はブタの妖怪八戒の出番』や出木杉くんのセリフに、自分が言われていると思ってマジギレするジャイアンの様子とか。
どうしても主役の悟空をやりたいのび太くんは『悟空はいる。自分に、悟空が似ていたら演じさせてほしい』と言って、調査のためドラえもんの元に。


(〃゚3゚〃)
『ジャイアンが豚や八戒に似てて合ってる』みたいなのを聞いての発言だったな。なお『〇〇は存在する』パターンは、新ドラの時代になっても月面探査記などで使われる定番パターンだ。


(*・ω・*)o
ホントだー。
で、のび太くんはドラえもん不在につき、一人でタイムマシン操作して、唐王朝時代の中国へ。ここでは自分に似ている悟空が飛び去る姿を見たり、砂漠で行き倒れたリンレイを救助(冷却水を飲ませる)。なぜ彼は、『2度も助けていただいて~』っていったのかな。


(〃゚3゚〃)
のび太、わりと行動力あるのな!
『2度も助けて~』の件だが、作中で唐王朝時代の中国に、ここを入れて3回来る。3回目に来た時、少し時系列がずれていて、この時点より過去に来るわけだ。その時にリンレイを助けるので、それを1回目とカウントしているな


(*・ω・*)o
なるほど~。
一方のドラえもんは、ヒーローマシンのゲームをプレイ中。こういうVRありそう。ゲームクリア時にお姫様にキスされて、『ふひゅふひゅ』って変な声を出す彼(笑)


(〃゚3゚〃)
『ふひゅふひゅ』は、のぶ代アドリブの可能性があるな。
こんなキモい台本書くやつおるか(笑)


(*・ω・*)o
いないね!(笑)
その後、そっくり悟空を見つけたのび太くんは、確認してもらうために、みんなを連れて唐王朝時代の中国へ。ただし少し時間・場所がずれたため、発見できず。そのほか騎馬兵に巻き込まれそうになるなどの危険も。衛星で三蔵さんは確認できたみたいだね。


(〃゚3゚〃)
まあ、実在の人物だからな。実際に書かれた報告書は『大唐西域記』で、フィクションの西遊記と似ている名称で紛らわしい。


(*・ω・*)o
そして悟空が見つからないので、『ヒーローマシン』を使って衣装チェンジ(結局は如意棒に潰されるなどのポンコツ行動でバレる)。ここは着せ替えカメラとかじゃダメなのかな


(〃゚3゚〃)
『ヒーローマシンの装備・能力が、現実世界でも使える』からだと考えらえるな。タケコプターで飛ぶわけにいかんからな。ただ、これのせいでいろいろと怖いシーンが出てしまったな。


(*・ω・*)o
そだね、起動したまま放置されてるヒーローマシンから牛魔ちゃんが出てくるところ、ちょっと怖いんだけど(笑)


(〃゚3゚〃)
ピコピコ音BGMが『デェーーン』みたいな曲に変わるのも恐怖心を煽るよな!


(*・ω・*)o
全体的にBGMも怖いよね。
で、結局『悟空はのび太くんだった』ということになり、元の時代に帰るみんな。忠告をロクに聞かなかったくせに、『ドラえもんの道具が悪い』と逆ギレするのび太くん(笑)


(〃゚3゚〃)
いや、もっとバレにくい方法考えとけよ(笑)


(*・ω・*)o
その後『悟空はいる』の件で、『いなかった場合はひみつ道具使い放題』ということだったので、ジャイアンたちはヒーローマシンで遊ぶことに。しかしエラー出てますね、この西遊記ソフト。敵が全く出てこない&歩いているだけでクリアーとか、おかしいし。大して遊べず、ジャイアン・スネ夫くん・しずかちゃんの三人は帰宅。


(〃゚3゚〃)
ソフトだけじゃねーぞ、窓の外もなんかおかしいぞ。


日常生活に異変・原因はヒーローマシンの妖怪と断定し、再び唐王朝時代の中国へ

(*・ω・*)o
で、帰ってきた後の現代なんだけど、空気がよどんでいたりと、異変が発生している様子。のび太くんの家でも、新聞を読んでいるのびパパに、角が生えていたりとか。


(〃゚3゚〃)
この、日常が侵されている感じが、たまらねぇな。


(*・ω・*)o
そしてあと、個人的にグロいって思ったのは、スープにトカゲが丸ごと入ってるやつ(涙)


(〃゚3゚〃)
大丈夫、当時の子供たちもみんなそれ思ってた(笑)


(*・ω・*)o
ここら辺、小さい子は泣くんじゃないかな~・・
そのほか、プチトラウマな感じとしては、家にコウモリが止まっていたり、学校が禍々しいデザインになっているとか。


(〃゚3゚〃)
非常に、学習に適していないデザインの教育機関っすね(笑)


(*・ω・*)o
なんか学校も、妖怪の教育に適した感じになっているようで。劇の内容も『牛魔王が主役』になっていたり、それを指摘されたとたん、先生が怒って妖怪になるなども。4人は学校から脱出し、『ドラえもんの道具じゃね?何とかしてくれ』という流れに。家に帰っても、のびママが鬼になったりなど。調査するドラえもんとのび太くんは、街中に巨大な塔ができているのも確認。



(〃゚3゚〃)
ここもかなり、トラウマポイントといわれているようだな。ここでドラえもんが『歴史が変わった』と断定するぞ。もちろん彼には心当たりがある(笑)


(*・ω・*)o
そして、『ママが恐らく妖怪になってる』から泣いているしずかちゃんをぎゅってするのび太くん、ちょっとイケメン(笑)ジャイアン・スネ夫くんも加えて、『ヒーローマシン妖怪回収』のために、再び唐の時代に向かうことに。


(〃゚3゚〃)
まあ、彼も同じ目にあってますからね。
しずかがのび太のところに向かうとき、妖怪に見つからないようにスパイアクションみたいな動きになってるのな(笑)


(*・ω・*)o
あとさ、余談なんだけど、ここのシーンでのホラーポイント。のびママが上がってくるところ、怖くない?


(〃゚3゚〃)
階段ギシギシ音とかヤバいよな!


(*・ω・*)o
そして、ヒーローマシンの西遊記コスチュームでタイムマシンにのる一行。
一方の三蔵さんは、旅で山越えの途中。お寺で休憩するシーンも。三蔵さんの同行者は、少年のリンレイになってたね


(〃゚3゚〃)
崖など、ハードな道のりだから、前いた同行者、たぶん逃げたんじゃね(笑)


(*・ω・*)o
話を聞く感じだと、リンレイは既に10日は過酷な旅に耐えているようだね。
しかし妖怪の作った幻だったのか、腐る寺。


(〃゚3゚〃)
ここも、ややホラーだが、この辺当たりからアドベンチャーアクション感が増していくぞ。ここに至るまでに尺50分使っているけどな!


(*・ω・*)o
意外にアクションパート短いのかな~。
そのころドラえもん達は『気配アラーム(虫の知らせじゃない)』が反応したポイントで降りるよ。いきなり妖怪の攻撃で落石。とはいえ三蔵さん・リンレイも攻撃されていたので、まずはのび太くんが先陣を切って応戦


(〃゚3゚〃)
いきなり殺しにきてますやん(笑)
また、騒動の元凶の一人とはいえ、結構のび太が目立ってくれるので、見ごたえありだ。


(*・ω・*)o
そんな感じで戦闘。途中、金角の持っているひょうたん(中で溶かされる)に、ドラえもんが吸い込まれるトラブルはあったよ。ロボットだけに全く効いておらず、サックリ脱出。そして金角は回収。三蔵さんとリンレイを見送って、ルート・時間先回りで妖怪を回収することに。


(〃゚3゚〃)
雑魚のコウモリはともかく、金角は、妖怪の幹部クラスにしては、かなり弱かったな(笑)


(*・ω・*)o
そして、中国大陸の砂漠を渡るみんな。ノリノリで歌っているのび太くん。


(〃゚3゚〃)
のび太のほうが、ジャイ・スネより暑さ耐性は強いのかもな。


(*・ω・*)o
かもね!
一方の妖怪陣営。撤退してきた銀角の様子ね。『スパイを潜入させていたのにぶち壊しに』という理由で、羅刹女にめっちゃ怒られる銀角(笑)


(〃゚3゚〃)
現場の判断かよ(笑)作戦の伝達が上手くいっていない組織だな~。


(*・ω・*)o
銀角は、スパイ作戦を知らなかったのかね~。
そして夕方ごろ。砂漠をあるいて疲れたので、キャンピングカプセルを使用してキャンプに


(〃゚3゚〃)
苦言を呈しつつも、シェフ姿でノリノリなドラえもん(笑)


(*・ω・*)o
道具で用意じゃなくて、作るのかな!?
キャンピングカプセルでのみんなの様子。『ベッドではしゃぐ(のび太)』『祈る(スネ夫)』『いつものようにシャワー(しずか)』『パジャマが小さすぎて苦戦(ジャイアン)』といった感じ


(〃゚3゚〃)
確かのび太のうち、『畳に布団』なんだよな、いつもは。気持ちはわかる。


(*・ω・*)o
そして御飯。しずかちゃん的には『三蔵さんは過酷な旅してるのに、自分たちだけこんなことしてていいのかな~』みたいな遠慮。
三蔵さんはどのようにしているかというと・・・


(〃゚3゚〃)
岩場に布団をしいて野宿じゃねえか(笑)
朝、首や腰が痛くなるだろ!


(*・ω・*)o
小石とかも大変かもね。
そして唐突なのびしず。寝れなかったので星空を見て会話。『実は孫悟空はのび太さんだったんじゃないの?』的な内容。


(〃゚3゚〃)
このまま解決して現在に戻ったら、ドラえもん世界内で『大唐西域記に、のび太が悟空として記される』ことになるからな。


妖怪に攫われる三蔵&しずか・リンレイと協力して敵本拠地に潜入へ

(*・ω・*)o
夜から早朝のこと。気配アラームが警告を鳴らしたけど、目覚まし時計と勘違いして止めてしまうドラえもん(笑)


(〃゚3゚〃)
やらかしましたね~。


(*・ω・*)o
三蔵さん側。なにやらリンレイが雑魚妖怪と口裏合わせをしているのを見たけど、スルーで。
そして翌朝、妖怪にさらわれます。


(〃゚3゚〃)
この一連の流れからスパイ作戦実行犯はリンレイということになったんだが、彼で大丈夫じゃないだろ。


(*・ω・*)o
わたしも、妖怪がリンレイを実行犯にしたのは失敗だと思うよ。
泣きながらダッシュするリンレイ。


(〃゚3゚〃)
旅でお世話になったとかで、完全に情が沸いてますやん。


(*・ω・*)o
一方、のび太くんは筋斗雲を使えるので偵察に。偵察中に、なぜか地上にのび太くんがいる様子。その後は敵本拠地・火焔山を発見するものの、雑魚妖怪や羅刹女との戦闘に。これはオープニングのシーンと関連があるのかな?


(〃゚3゚〃)
タイムマシンで降りた時間がずれた影響だな。オープニングシーン後の一人で行った時に見た悟空は、偵察にいった自分自身だったという感じだ。


(*・ω・*)o
なるほど、これで冒頭の悟空の意味がわかったね!
ドラえもん達は、襲撃してきた銀角と戦闘。ジャイアン&スネ夫くんが応戦している間にドラえもんがヒーローマシンを準備。『こいつらにはかなわないよ、ねえ銀角さん』というように返事をさせて回収。
しかし、地面に潜んでいた雑魚妖怪に、しずかちゃんをさらわれてしまうことに。


(〃゚3゚〃)
全体的にホラーテイストが強かったが、銀角がちょっと間抜けなおかげで、上手く緩和された感じはあったな。


(*・ω・*)o
まあ銀角はアホだったけど(笑)、ガチ目に攻めてくるのが羅刹女。「芭蕉扇」の強力な風圧で吹っ飛ばされて、のび太くんは離脱。リンレイのところに落ちてくるよ。『三蔵さまは?』と聞かれて、『さらわれた』と土下座して謝るリンレイ。


(〃゚3゚〃)
『キミがいるから大丈夫かと思った(けど大丈夫じゃなかった)』とは、主題歌タイトルを変な形で回収してしまったな(笑)


(*・ω・*)o
主題歌タイトルも『君がいるから』だった(笑)
そしてジャイアンたちと合流。『お前が早く帰ってこないからだ』などとパーティー内で口論が始まってしまい、めっちゃ申し訳なさそうにするリンレイ。


(〃゚3゚〃)
だんだん可哀そうになってきたわ・・


(*・ω・*)o
まあそんな感じで、三蔵さん・しずかちゃんがさらわれているので、パーティはリンレイを加え、火焔山に潜入。リンレイがトラップを教えてくれるので、ダンジョンを抜けて城まで到着。しかし、おそらくリンレイも把握していなかった、城入り口の落とし穴トラップにハマってしまう4人


(〃゚3゚〃)
前述の主題歌であるが、インストバージョンが星空シーン・ボーカルバージョンがこのシーンでかかるな。ロックテイストで旧ドラ映画主題歌の中では浮いているが(笑)、熱いので敵陣突入シーンとかにはあってるな!


映画・ドラえもん のび太のパラレル西遊記の結末は?(ねたばれ)

*ねたばれ含みます。

(*・ω・*)o
それでは結末を見ていってみましょう。牛魔王の城に全員捕らわれる形に。ジャイアンは『三蔵さままで騙しやがったのか』と、リンレイにキレているけど、三蔵さんは『例え妖怪であっても、共に旅をしたいというものを私は拒まない。旅の目的をきっとわかってもらえると思った』だって。むっちゃ聖人。


(〃゚3゚〃)
このレベルになると、おそらく悟りをひらいているんじゃねーか?まあ、ジャイアンの反応が普通だろうな。


(*・ω・*)o
そして牛魔王のお食事の時間。捕らえたみんなを食べるつもり。一人だけ『牛丼にしてやりてぇ』と、吠えるジャイアン。ドラえもんが調理されるギリギリのところでドラミちゃん登場。他メンバーは、リンレイがロープを切って救助。


(〃゚3゚〃)
リンレイが助けたのび太が、筋斗雲で救助に行っても良いんだが、前述の観世音菩薩の件と、もう一つ理由があるだろう。エンディングだ。


(*・ω・*)o
それを考えると『興覚め』という感じじゃなくなるね。
脱出したのび太くんと、牛魔王の戦闘。機動力で翻弄するのび太くん。ここリメイク版で見たーい!


(〃゚3゚〃)
鍋から出火とか、自分で城ぶっ壊してますやん(笑)
パラレルはリメイクやらなそうだな。『雲の王国・海底鬼岩城・アニマル惑星』あたりを優先してやりそうだ。


(*・ω・*)o
やっぱそっちになるのか~。
のび太くんの戦闘中に、脱出した他メンバーを羅刹女が妨害。リンレイは『母さんもうやめて!』って訴えるけど、聞く耳持たず。


(〃゚3゚〃)
息子だろうがかまわず、『裏切り者め』ってとっつかまえてんじゃん(笑)


(*・ω・*)o
リンレイも親が相手で完全に敵対できず、苦しんだだろうね。
イイ感じで勝負してたのび太くんだけど、吹っ飛ばされたうえ、牛魔王にヒーローマシンを踏みつぶされて、ピンチに。


(〃゚3゚〃)
回収できねえじゃん、倒せってか。


(*・ω・*)o
しかし、ギリギリのところで如意棒を巨大化させ、牛魔王を外壁にたたきつけて撃退。牛魔王が倒れて力を失った羅刹女は、溶岩の中に落下。リンレイ、肉親を失っちゃったよ(涙)


(〃゚3゚〃)
いやー、話し合いの余地があればよかったんだけどな。でも放置すると人間の世界全部乗っ取られるから、難しいところだな。


(*・ω・*)o
この二人は、話聞いてくれなそうだもんね~。
どこでもドアで脱出し、戦闘の衝撃で噴火した火山を見ているみんな。そして、肉親を失って涙するリンレイを気遣う三蔵さん。


(〃゚3゚〃)
この後、リンレイはそのまま三蔵の弟子として、旅に同行する形になるな。元はヒーローマシン妖怪になるのか?


(*・ω・*)o
なのかなー?
その後、三蔵さんに騒動のことをおわびするドラえもん。


(〃゚3゚〃)
いや、のび太も頭下げろ(笑)


(*・ω・*)o
男性陣3人もだよね~。
そして別れ際の『悟空さま、ありがとうございました(リンレイ)』にたいし、本名を言おうとするけど、ジャイアンに『お前は悟空だよ』って言われるのび太くん。



(〃゚3゚〃)
ジャイは最初バカにしてたが、一番ガンガン戦っていたのはのび太だったから、改めたんだろうな。


(*・ω・*)o
そういうところは、イイとこだよね~。
元の時代に戻ってきて、ママが元に戻ってて安心するのび太くん。スタッフロールでは、それぞれのメンバーの様子もあるよ。
そっか、ドラえもんだけお母さんがいないから、身内としてドラミちゃん出したのか!



(〃゚3゚〃)
そういうことだ。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【映画・ぼくらの7日間戦争(2019アニメ版・あらすじねたばれ含)】不法滞在問題・百合・SNS炎上・宮沢りえなど、いろいろ盛り込みすぎた作品
【映画・君と100回目の恋(あらすじねたばれ含)】miwaさんが微妙だが、SF要素でスイーツ感控えめ・時間跳躍などのポイントも詳しく解説
【映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)】恋愛頭脳戦みたいな感じは弱め(笑)、ポンコツ不器用たちのラブコメムービー
【映画・このすば紅伝説(ねたばれあらすじ含)】パルプフィクション原案担当も絶賛の、ゲスい会話&ギャグ・派手バトルで楽しめる作品
【映画ファイナルファンタジーThe Spirits Within(ねたばれあらすじ含)】100億溶かした伝説の映画・わかりにくい敵やスピリチュアル要素も確認