更新日: 2021年09月07日

【ドラえもん・のび太の南海大冒険 紹介(ネタバレあらすじ含む)】旧ドラでは新要素が多く動きのある作品、面白い!

【ドラえもん・のび太の南海大冒険 紹介(ネタバレあらすじ含む)】旧ドラでは新要素が多く動きのある作品、面白い!

(*・ω・*)o
おつかれ~。こないだ、AbemaTVで劇場版の『ドラえもん・のび太の南海大冒険』を見てみたよ。わたしはMGさんとは違って、リニューアル後のわさドラ世代だけど、そんなに違和感なかったし、面白かったよ。


(〃゚3゚〃)
南海大冒険は確か、作者が亡くなってからの劇場版だった(前作・ねじ巻き都市の執筆中に死去)から、旧ドラといえども、いろいろチャレンジがあった気がするな。主題歌やゲスト声優もそうだ。でも配給収益は、旧ドラ内ではトップみたいだな。


(*・ω・*)o
『道具の制限』『のび太くん別行動』『ゲストヒロインがのび太くん・しずかちゃんと絡まない』とか、動きもあったもんね~。今回はこれを見ていこうか。


(〃゚3゚〃)
おう、いつものように『データ・人物・あらすじ』を見ていくぞ。


映画・ドラえもん・のび太の南海大冒険 予告編/データ

■スタッフ
監督:芝山努
脚本:岸間信明
原作:藤子・F・不二雄
音楽:大江千里
主題歌:ホットミルク/吉川ひなの
編集:岡安肇
製作会社:シンエイ動画、テレビ朝日、小学館
配給:東宝

■キャスト
大山のぶ代(ドラえもん役)
小原乃梨子(のび太役)
野村道子(しずか役)
たてかべ和也(ジャイアン役)
肝付兼太(スネ夫役)
ゲスト
マッハ文朱(ジャック役)
早見優(ベティ役)
上條恒彦(Mr.キャッシュ役)
江守徹(キャプテン・キッド役)
麻上洋子(ルフィン役)
林家木久蔵(ゴンザレス役)
林家こぶ平(パンチョ役)
阪脩(キャプテン・コルト役)
富田耕生(Dr.クロン役)

映画・ドラえもん・のび太の南海大冒険の登場人物は?

レギュラーメンバー(ドラえもん・のび太・ジャイアン・スネ夫・しずか)

(*・ω・*)o
いつものレギュラーメンバー。ドラえもんの道具が制限されたり、パーティー分散したりというのがあるので、それぞれに見せ場も。しずかちゃんが少し影薄いかな。ジャイアンが相当目立つね、今回。


(〃゚3゚〃)
本作ではゲストキャラが結構濃い上に、その面子との絡みがないというのが理由だな。ジャイアンは珍しくラブコメ展開もあるぞ(笑)あと、のび太が実弾を撃つシーンもあるな。


キャプテン・コルトの息子ジャック

(*・ω・*)o
海賊キャプテン・コルトの息子で、作中ではのび太くんやイルカと友達に。島でサバイバル生活と、なかなか逞しい所もあるよ。


(〃゚3゚〃)
いつもは秘密道具翻訳こんにゃくを使うんだが、のび太は、無しで意志疎通してたな。珍しい展開だ


ジャックの友達(イルカ)ルフィン

(*・ω・*)o
ジャックが島で友達になったイルカ。水中での活動をサポートしてくれるよ。


(〃゚3゚〃)
この色は明らかに目立つだろ(笑)実は、のび太のおかげで助かったりしているようだな。


ジャック姉、ジャイアンと絡みが多い・ベティ

(*・ω・*)o
ジャックのお姉さん。戦闘的で気が強い面もあるけど、基本的には優しい子。ジャイアンと意気投合するような場面もある、珍しいゲストヒロイン。


(〃゚3゚〃)
ちなみに、ジャイアンに二回助けてもらうシーンがあるぞ。探してみよう。


格闘も強い!キャプテンキッド

(*・ω・*)o
ベティといっしょにコルト・ジャックを探している海賊リーダー。ゲストキャラの中では戦闘シーン多め。リーダーシップや判断力を発揮する面も。ひみつ道具制限がある状況で何とか出来たのは、たぶんこの人のおかげ(笑)


(〃゚3゚〃)
本作はおっさんキャラも、かなりイイ味出してるな。コルトを『兄貴』と呼んでいたので、兄弟と推測される。顔もそっくりだから、血のつながりはあるだろう。


実はキーになる活躍も、キッドの部下パンチョ&ゴンザレス

(*・ω・*)o
キッドの部下。丸っこい方がパンチョで、背が高い方がゴンザレス。ちょっと抜けてる感じとはいえ、キーになる活躍も。


(〃゚3゚〃)
ちょっと結果オーライ的なとこはあるが、形勢逆転につながったよな。


いきなり行方不明に、キャプテン・コルト

(*・ω・*)o
オープニング付近に出てくる、海賊リーダー。ジャック&ベティのお父さん。宝探し中に行方不明に。


(〃゚3゚〃)
基本的にはこの人もイイ人だな。船舶を襲撃するというよりは、トレジャーハンターに近いタイプだな


本作のヴィラン枠 キャッシュ&Drクロン

(*・ω・*)o
作中の宝島(トモス島)に基地を構え、悪事を働いているキャラ。戦闘力は大したことないけど、改造生物を使ってくるので、かなり厄介な印象かな。


(〃゚3゚〃)
改造生物というと、のび太も日本誕生の映画で作っていたと思うが、あれは良いのか?


(*・ω・*)o
『商用じゃない』『引き渡しに応じている』『子供が作った』の三点で、セーフと判定したかな(笑)


ドラえもん・のび太の南海大冒険に出てくるひみつ道具は?

  • キューピッドの矢
  • 携帯カラオケマイク
  • 宝さがし地図
  • お尻印のきびだんご
  • 無生物さいみんメガフォン
  • ジャック豆
  • 夢たしかめ機
(*・ω・*)o
途中でポケットが使えなくなるから、特にキーになりそうなのは、こんなとこかな。本作ではそんなにいっぱい出てこないね。
無生物さいみんメガフォン』なんか、かなりヤバい効果っぽいんだけど。


(〃゚3゚〃)
チート性能な道具の一つだな。ものがなにもない所では使えないが、岩やガラクタでも何かあれば、操って攻撃手段にできるぞ。原作では、『掃除機に催眠術かけてスポーツカーみたいに動かす』みたいなのもあったぞ。


(*・ω・*)o
あと、気になったのはこれかな。『夢たしかめ機』かな、これってつねるだけ?意味あるの?(笑)


(〃゚3゚〃)
『夢というキーワードに反応して、つねって夢かどうか確かめる・痛ければ夢でなくて現実』という機能のようだな。握力や引っ張る力は強そうだが、ぶっちゃけ人間でも代用できるので、あまり意味がない(笑)
とはいえ、道具が限られるので、こういう道具にも見せ場があるぞ。


ドラえもん・のび太の南海大冒険のあらすじは?

オープニング・宝探し中の海賊シーン(英語音声)~宝探し地図を使い南海へ

(*・ω・*)o
それではさっそく『ドラえもん・のび太の南海大冒険のあらすじ』を見ていきましょう。まずは、コルトキャプテン率いる海賊チームの宝探し。洞窟を抜けてお宝発見と思いきや、巨大な海蛇に襲われる感じに。ジャックは留守番してるようだけど、仲間が襲われたという状況だね。船も消えちゃったし。
ここらへん全部英語音声、雰囲気イイ!


(〃゚3゚〃)
まるで、グーニーズをアニメにしたら、こんな感じかという印象だな。なお、船が消えた理由についてだが時空が乱れたとのことらしい。ドラえもんの世界ならあり得ることだ。


(*・ω・*)o
どこでもドアとかタイムマシンあるからね。
一方、日常パート。夏休みのグループ学習を行うレギュラーメンバー。他の人はちゃんと調べ学習しているのに、自分だけスチーブンソンの宝島を読んで、『宝探ししたい』とか言い出すのび太くん。ジャイアンに怒られたので、ドラえもんに頼みに帰るところでオープニングテーマ。歌、結構へっぽこだね(笑)


(〃゚3゚〃)
今回はオープニング歌にも、ゲスト歌い手を採用したようだ(吉川ひなの)。一部ではへっぽこと不評だが(笑)、エンディングは『味がある』という意見もあるぞ。


(*・ω・*)o
慣れればなんとか(笑)
で、ダッシュで帰ってきたのび太くんがぶつかったので、勢いでソフトクリームを被ってしまうドラえもん。『宝島』の件は当初反対したけど、のび太くんのママが見ているニュースで『宝島が発見された』というのがあったので、ひみつ道具の宝探し地図で探すと、一発でヒット。『夢か』と疑ったので、夢確かめ機で確認。こんなおいしい話があるわけないよね~。


(〃゚3゚〃)
これは罠を疑ったほうがよいな。


(*・ω・*)o
この時点ではなんも疑ってないけどね!で、のび太くんは、しずかちゃんを連れて、どこでもドアで、地図が指したポイント付近の海へ。『海賊いないかな~』とか、晴天なのに『嵐でも来ないかなー』みたいな発言。ドラえもんの道具『ほどほど嵐』で人工的に嵐を作るけど・・


(〃゚3゚〃)
激しすぎて、全然ほどほどじゃないんだが(笑)
なお、のび太はここで一度海賊船を見かけたようだな。


(*・ω・*)o
自分で『嵐こないかな』って言ったから、自業自得だね(笑)
その後、嵐が落ち着いたら、どこでもドアを仕掛けて、ジャイアン&スネ夫くんを、用意しておいた船にワープさせて、海賊役を。
ジャイアンが、『こっちは忙しいんだよ』と叩いたのが、実は大砲の発射ボタンで、のび太くんたちの乗っている船を砲撃で破壊(笑)


(〃゚3゚〃)
開始10分ちょっとで、この激しさ(笑)
こちらも『ほどほど大砲』と言っているが、まったくほどほどじゃなかったな。


(*・ω・*)o
そして、『南海での異常気象が~』というニュースを見る、のび太くんのパパ&ママ。


(〃゚3゚〃)
寝っ転がってタバコかよ(笑)


(*・ω・*)o
リメイクしたら消されそうなシーンだね。
その後、船をドラえもんが修理する間、みんなは海で遊ぶことに。のび太くんは人魚みたいな服にして水中に潜み、ジャイアン・スネ夫くんのパンツを下すなどいたずらを。また、ここでも海賊船を発見。
夜は『タイムマシンで来た時間に戻ればいいよね』と、キャンプすることに。飲んでるのはミルクかな。


(〃゚3゚〃)
エンディングテーマがホットミルクなんだが、作中でそれにかかわりそうな部分は、ここにしか見当たらなかった。歌詞を深読みすれば、他にも見つかるかもしれん。


宝探し中に時空の歪みに飲みこまれ、海賊が跋扈してた時代へ・キャプテンキッドのチームとも共闘へ

(*・ω・*)o
そんな感じで、翌日も宝探しの航海中。途中は、ドラえもんの道具でヴァーチャル映像(伝説上の海の生き物など)を見る演出も。しかしヴァーチャル映像でないものがあり(海坊主)、ぶつかって船を破壊されたので、エンジンに切り替えて逃亡。


(〃゚3゚〃)
海坊主はドラえもんのヴァーチャル映像道具には入っていないんだが(敵が時空を超えて送り込んだ?)、ヴァーチャル映像がずっと続いていたから全員まんまと騙されたという感じだな。


(*・ω・*)o
あれは紛らわしいね。で、そのあとドラえもんによくある時空間の乱れみたいな展開。四次元ポケットが誤作動(水中と繋がって水を吹く)や、海賊がいっぱいいた時代へワープなど。ここで本物の海賊船にぶつかり船が大破。
ジャイアンやドラえもんが助けようとしたけど、のび太くんが流されてはぐれてしまい、一時パーティ離脱。


(〃゚3゚〃)
ドラえもんは手が届かなくて、のび太の持っていた地図を半分掴むのが限度・ジャイアンは振動で手を放してしまう、みたいな流れだな。ここで半分になった地図だが、どちらとも活用されるようだぞ。


(*・ω・*)o
地図は二つのパーティに分かれて持つ感じになるのか~。
で、船が壊れたあと、キャプテン・キッドのチームに助けられたドラえもんたち。彼のチームは他の海賊から攻撃されていて、戦闘中。途中、海賊に捕まってベティに助けられるしずかちゃん。しかしベティが後ろから狙われていたので、ジャイアンが体当たりで敵を吹っ飛ばし、ベティは無傷。


(〃゚3゚〃)
序盤なのに、結構激しい戦闘描写だったな。なお、一部のアニメファンが好きという噂がある『しずかちゃんピンチシーン』は、ここで見られるな。


(*・ω・*)o
そういう需要もあるみたいだね~(笑)
で、肝心のドラえもんは、ポケットを海に落とした&ネズミに遭遇で逃げ回って、樽の間に挟まってしまうよ。ここで吹っ飛んできた敵が、シーソーみたいにドラえもんを飛ばして敵の船へ。持ってた樽は、たぶん爆薬かな。敵は船が炎上して全滅。


(〃゚3゚〃)
そして、人間なら砕け散ったり黒焦げになるようなところを生存するドラえもんの耐久力よ(笑)
ほんとに家庭用なのか。


(*・ω・*)o
現代のロボットでも、爆弾は耐えきれないだろうからね~。
で、その後キッド船長たちとの会話。『道具は一部を拾ってもらった・翻訳こんにゃくがあったので会話できる』という状況。ドラえもんが半分持っていた地図と、キッド船長の地図が一致したこともあり、また、お互いに助けたい人がいるので、一緒に行動することに。
一方ののび太くんは、宝島に流れ着き、島でサバイバル生活をしていたジャックと意気投合。彼は翻訳こんにゃく使ってません。


(〃゚3゚〃)
めずらしく、のび太の目が『 3 3 』じゃないシーンだな(笑)


(*・ω・*)o
確か、眼鏡をはずすと『3』って原作だっけ?アニメにもあるんだっけ?まあいいか。
言葉がわからないわりには、二人でサバイバルしてるのび太くんとジャック。人食い植物などからも、協力して逃げたり。そして、船を見つけてダッシュしたとき、海に落ちてしまうのび太くん。ここは、ジャックの友達のイルカ・ルフィンが救助。のび太くんの持っていた地図を見て、ルフィンは二人を乗せて島の内部へ


(〃゚3゚〃)
のび太がドラえもんの道具で出した地図って、キッド側が持っている地図と違って、水路みたいなのも書いてあるんだよな。


(*・ω・*)o
ほんとだ、細かいね~。
少し遡るけど、キャプテンキッドのチーム&ドラえもん達も、宝島に上陸。理由はコルト&ジャックが、この島から帰ってきていない・のび太くんが流される可能性がある、という2点から。スネ夫くんがシャツを目印にしたおかげで、『島に来ている』と知れた感じかな。こちらのチームにも、合成生物の攻撃が。


(〃゚3゚〃)
今作では、スネ夫、なかなかgood jobだなという感じだな!サブキャラにもほぼ、見せ場があって楽しいぞ。


宝島の内部へ、キャッシュの罠で捕らえられるも、海賊チームと協力して脱出へ

(*・ω・*)o
そんな感じで、宝島探索中の一行。崖になっている細い道を渡るときのベティの発言。『タケシは勇気あるね~。あたしそういう人好きだよ。』に、めっちゃ動揺して、崖から落ちそうになるジャイアン(笑)


(〃゚3゚〃)
ジャイアンのラブコメ展開は、なかなか珍しいな(笑)


(*・ω・*)o
劇場版だとカッコいいからね彼、絡みさえあれば、そういう展開になってもおかしくないよね。
そして島の内部。海賊時代の割に監視カメラとかの描写も。宝箱なども罠。石でできた橋も罠で、ドラえもんが『22世紀のゲームにこういうのあった。次は橋が落ちる』といった時にはもう遅く、後衛のパンチョ・ゴンザレスを残して水路に落下。


(〃゚3゚〃)
ドラえもん、わりと顔が余裕だな(笑)


(*・ω・*)o
さっき爆風にも耐えたからね(笑)
そして水路でのやり取り。キッド船長は自力で岩にしがみつき、『スネ夫!』といって救助。しずかちゃんも上手くつかまって無事。ドラえもんは岩に荷物が引っかかっているので、流されない形に。ベティが流されそうだったので、ジャイアンがしっかり手をつかんで、『話さないぞ』と劇場版補正を発揮。


(〃゚3゚〃)
ジャイアンはこの作品内で一度、のび太を離してしまったからな。今回こそは、という感じが出てたな。スネ夫×船長やり取りも良かったり。


(*・ω・*)o
とりあえず、水路で流されるピンチは脱出したけど、敵の戦闘員が回ってきていて、キッド船長×ドラえもんのチームは全員捕縛
一方の、ジャック・ルフィン・のび太くんも水路で戦闘員に取り囲まれ、メインキャラは全員捕まっているという形に。ここでは、キャプテン・コルトのチームも捕まっていて強制労働させられているよ。


(〃゚3゚〃)
こういう、メインキャラ全員ピンチのときに、ドラミちゃんが来ると冷めるみたいな層も、いるとかいないとか(笑)


(*・ω・*)o
南海大冒険は、そういう心配は大丈夫だったね!
みんなを捕まえた人物はキャッシュと言って、『未来からこの時代に来て、改造生物を作って(22世紀では違法)売っている・宝島は罠で、捕まえた海賊を労働力に』といった人。また、タイムパトロールが来ないよう、バリアで通信を遮断とか、巨大改造生物リバイアサン(大きい船を一撃で壊す)のお披露目も。そしてパーティーは牢獄へ。『みんなの心がバラバラになるのは良くない。焦らずチャンスを待とう』と話すキッド船長。


(〃゚3゚〃)
『冥土の土産に~』って、全部説明してくれるタイプのやつだったな。わざわざ切り札みたいなのも、最初に明かすしな。


(*・ω・*)o
ただ、ひみつ道具が無いから、ちょっとリバイアサンの対処は難しいよね。
ここでパーティを救ったのが、別行動していたパンチョ&ゴンザレス。彼らは横穴から落ちたときに、敵の戦闘員を落下の衝撃で倒しており、戦闘服を奪って忍び込み。牢屋のドア解除ボタンを押して、脱出できることに。


(〃゚3゚〃)
パンチョには服のサイズが合わないんだが、『一人だけ着て、連れていくフリ』っていうのは上手いよな!
あと、戦闘員との会話で、言語は大丈夫なのか?(笑)


(*・ω・*)o
『翻訳こんにゃくがパーティー全員』とかじゃないと、説明できなくなるよね~(笑)
その後、『ルフィン救助』と『コルトの海賊チーム救助』の二手に分かれて行動開始。途中、ジャックがカメレオン型の改造生物に食べられそうなるけど、のび太くんが長くのびる舌を縛って無効化・ジャックを助けるよ。ドラえもんは基地内の端末を操作し、マップ・状況を把握。


(〃゚3゚〃)
あやとり得意と、関係があったりなかったり(笑)あと、劇場版ではポンコツ化しやすいドラえもんだが、未来世代の端末操作はこなれているな!


(*・ω・*)o
やっぱり主人公には活躍してほしいね!
で、他の海賊たちを助けに行ったチームは、ゴンザレスが戦闘服で話しかけ、油断しているすきにキッド船長がパンチで倒し、鍵を奪ってサクッと救出。久々の親子再会も。
一方のルフィン救出チームは、キャッシュの部下クロン(改造生物を作っている)の部屋へ。奪われたひみつ道具&キッド船長の拳銃を回収。
ルフィンを改造生物にしようとしていたクロンにキレたのび太くん、クロンのコンピュータを撃って破壊。


(〃゚3゚〃)
『飛び道具を使わせれば最強』と言われるのび太だが、日本人・小学生という理由もあり実弾を撃つシーンは、実は少ない。ここもその一つだな。『ガンファイターのび太』のエピソードでも実弾を使ったが、アニメ版では人体に当てたのは、眠らせる『ドリームガン』だったりするな。


(*・ω・*)o
ここでも撃ったのは端末だったからね。基本優しいから、撃ち殺して血がドバドバ出るのはダメなんだろうね~。


(*・ω・*)o
そんなわけで、とりあえず、他の海賊メンバーも救出。ドラえもんたちは『キャッシュを放置できない』と残ることに。『助けられっぱなしは良くねえし、手ぶらでは帰れないな』と、海賊メンバー全員が協力してくれることに。ちょっとウルウルきてるジャイアンに、ベティが『タケシ、泣かないの』みたいな絡みも。


(〃゚3゚〃)
なんだその絡み(笑)
ひみつ道具は微妙なものしか残っていないが、人員リソースが多いので、なんとかなりそうだな!


ドラえもん・のび太の南海大冒険の結末は?(ねたばれ)

*ねたばれ含みます。

(*・ω・*)o
それではさっそく、『ドラえもん・のび太の南海大冒険』の結末を見ていきましょう。キャッシュのアジトに戻ってきたみんな。未来人とはいえ肉体強度は大して変わらないので、戦闘員は海賊メンバーが撃退。ピンチになったので、合体生物で反撃してくるキャッシュ。


(〃゚3゚〃)
むしろ、普通に喧嘩したら、キッドのほうが強いだろ(笑)


(*・ω・*)o
だろうね♪
そして、対処が難しい巨大合体生物との戦闘。虎ゾウは、スネ夫くんが『おしり印のきび団子』(ただし中身は下剤)で撃退。サイワ二は、しずかちゃんが無生物さいみんメガフォンで、岩をゴーレムにして攻撃。倒せなかったので、道具『カラオケマイク』で、ジャイアンの歌を増幅して撃退


(〃゚3゚〃)
ドラえもんの世界では『歌は兵器』だったな(笑)


(*・ω・*)o
だね。マクロス風にいうと『ジャイアン歌に耐性がある』というのか、ベティが『タケシの歌素敵だね~』って。


(〃゚3゚〃)
そして『ねぇわ』って顔をしている、スネ夫&しずか(笑)


(*・ω・*)o
しずかちゃんは音耐性あっても良さそうなんだけどね。
あと残る巨大生物はリバイアサン。ルフィンが生息していたイルカを連れてきてくれたので、乗って一時離脱。
一方アジト最上階からドラえもんとのび太くんが潜入。転落しそうになるドラえもんを、のび太くんの腕力で支え切れるわけがなく落下。キャッシュの頭にヒットし、そのまま撃退。ドラえもんは基地内のバリアを解除。これでタイムパトロールと通信ができるように。


(〃゚3゚〃)
むしろ、ドラえもんがあの高さから落ちてきたキャッシュがなぜ生きているのか(笑)


(*・ω・*)o
柔らかいんじゃない?(笑)
リバイアサンの対処は、スネ夫くん&ルフィンで。スネ夫くんはルフィンの指示で船を動かして、麻酔弾を発射。しかし効いておらず、逆に暴れて基地を破壊。落ちてきたドラえもん&キャッシュが、リバイアサンに食べられるという展開に。


(〃゚3゚〃)
あれ、劇場版ドラえもんで、生き物の体内で冒険するエピソードってまだ無いよな?


(*・ω・*)o
いやー、倫理的にどうなの(笑)
リバイアサンの体内。『僕はロボットだから消化されずに出られる』というドラえもんに、『夢がある』と命乞いするキャッシュ。『改造生物販売なんて夢じゃない』と怒るドラえもん。この一連のやりとりで夢たしかめ機が作動。
内臓をペンチでつねられるような形になったリバイアサンは、2人を吐き出して退散。壁が壊れて海水が入ってきたので、全員イルカに乗せて脱出。


(〃゚3゚〃)
内臓をペンチでつねられるって、めちゃめちゃ痛そうだな(笑)


(*・ω・*)o
結構エグいね~(笑)
そして本作一番のツッコミ所、到着したタイムパトロール。『実はルフィンがタイムパトロールメンバーで、潜入調査していた』みたいなのは序の口で。ドラえもんのひみつ道具より精度が低い捜査資料(地図で地形がわからない)ってどうなの(笑)


(〃゚3゚〃)
微妙だな(笑)
あとこいつら、『逃げて行ったリバイアサンを発見できなかった』からな。


(*・ω・*)o
まあそんな感じで、ドラえもん達がいなければ、大して仕事ができなかったタイムパトロールはほっといて(笑)、冒険終了後のみんなの様子。ちゃっかり宝を回収してくるキッド&コルトに、『タケシの歌もっと聞きたかったよ』と伝えるベティ。彼は残ろうとするので、みんなで止めます(笑)


(〃゚3゚〃)
ジャイアンの母ちゃんにどう説明していいかわからんから、止めるのが無難だな(笑)


(*・ω・*)o
最後、タイムパトロール船で元の時代に帰るときに、『あばよキャプテンドラえもん!』って、ドラ柄の帆を張ってくれる海賊のみんな。そして日常に戻ったシーンで、ホットミルクを聞きながらスタッフロール。
リニューアルドラではスネ夫を担当している関智一さんですが、実は半魚人役で出ています。


(〃゚3゚〃)
タイムパトロールが微妙だったが、なかなか楽しめた作品だったな。
ちなみにホットミルクはつべにあったぞ。たしかに歌はへっぽこなんだが・・・


(*・ω・*)o
エンディングの余韻としては、そんなに悪くないかもね~!


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【映画planetarian~星の人~】キャラデザが昔のギャルゲー的で人を選ぶが、ハードな環境や泣かせ要素が特徴のロボット交流アニメーション
【映画・ぼくらの7日間戦争(2019アニメ版・あらすじねたばれ含)】不法滞在問題・百合・SNS炎上・宮沢りえなど、いろいろ盛り込みすぎた作品
【映画・君と100回目の恋(あらすじねたばれ含)】miwaさんが微妙だが、SF要素でスイーツ感控えめ・時間跳躍などのポイントも詳しく解説
【映画・かぐや様は告らせたい(2019年・1作目)】恋愛頭脳戦みたいな感じは弱め(笑)、ポンコツ不器用たちのラブコメムービー
【映画・このすば紅伝説(ねたばれあらすじ含)】パルプフィクション原案担当も絶賛の、ゲスい会話&ギャグ・派手バトルで楽しめる作品